自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 前記事で、「米山新潟県知事は実際に女性を買って性行為に及んだが、財務省の福田事務次官は言葉だけだったのだが」と、いわば、次官を擁護するような書き込みだったが、藤井聡氏の見方によれば、「米山氏は全く個人での話である事に比べ、福田次官の問題は、財務省自体が組織防衛のために、真実を話さない状態のまま辞任という形を取った」という考え方を示してくれた。

 なるほど言われてみれば確かにそうなんだな。

 官庁の中の官庁「財務省」は、徴税し、再配分の原案を作る省庁、他にもとにかく原資になる財布を握っている省庁だ。

 こんなブログでもずっと書き続けてきたが、今の、緊縮財政、増税路線を続ける財務省が、結果的に国を亡ぼすという揶揄は、杞憂にとどまらず、大きな危機となって来ている事は確かだ。

 







【2018/04/19 08:12】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |
 ついでに前川なんかもつるんでいる写真まで出て来て。
 やり方が酷いね、体の関係まで持って、それで強請ったらヤクザと同じでしょう。
 
 しかし、市民活動家なんてロクな奴らがいないな!
 ま、国民でないから、こいつらは日本人でいてほしくないね。

 私は東電は好きじゃないが、こういうのは腹立つ話だ。

 東電元副社長が懺悔告白「被災地運動家と関係を持った」 「相手から口止め料として5000万要求」 → 相手の正体が特定される…
 https://snjpn.net/archives/47420

 black-wallpapers-19-48.jpg

 面白くなってきましたな。





【2018/04/09 15:04】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |


sdfgh
似たもの同士


ヤマ親爺
あちらの人達は、みんなつるんでいますな。そのくせ仲は良くないのです。徹底的な個人主義みたいですが、明確な主義主張はなく、まとまるには全体主義でしかない。だからお花畑みたいな建前が必要になるんですが、それが中朝にいいように利用されちゃっています。

コメントを閉じる▲
 そもそも論だけど、政府と官僚って、そうとうの信頼関係がないとダメだよね。
 そんな言わずもがなな話が崩壊しているってぇ嫌な話だ。

 未曽有の危機なんてのが、数年前に日本を襲ったが、それに対しての対応は実にお粗末だった。
 バカな政府に対し、姑息な官僚が面従腹背我田引水な策を弄して壟断してしまった。

 あんな、国家百年の計を持って対応すべきことに、なんと増税して対応しようとしたんだよな。
 我が国の経済がなかなか成長しない原因になっている。
 マクロ経済では、「災害資源」という考え方だって、経済エンジンという見方からすると間違いじゃないんだが、財務省的視野ではそういう見解は全く出てこないんだよね。

 そういう目先の損得しか考えない官僚体質に対して、国民の負託を得た為政者が、鳥の目を持ってリードしていくべきだと思うんだけどね。

 その政治家に対して、現状の記録すら出てこないとなると、もうどうしょうもない。
 ガバナンスが効かなくなってきているという国家的危機が顕在化してきたともいえる。
 モリカケ問題は、そういう国家的危機を顕在化させたと思えば、悪い事ばかりではなかったという事だ。

 安倍政権は、この危機を何が何でも乗り切るしかない。

 頭のすげ替えは、その官僚機構の思う壺なんだ。

 





【2018/04/04 09:18】 | 官僚社会主義
トラックバック(1) |
 しかし、しかしなんだよな。
 安倍さんはそれを声高に国民に言う訳には行かないんだ。
 そういう対立軸を鮮明にしてしまうと、国家予算だってどうなるか解らないし、そもそも見かけだけだとしても一応のガバナンスが全くなくなってしまう可能性だってある。
 更には、財務省出身の与党議員だっているんだもんね。

 そう簡単には行かないが、取り敢えず人事を取り返した。
 あとは予算編成権だ。
 
 考えてみれば、やっぱり日本は「官僚社会主義国家」だったんだよね。

 今それを変えようとしているが、図らずも財務省の傲慢ぶりが露呈してきている。

 明日の佐川の答弁が大きなカギになるかもだな。

 




【2018/03/25 15:29】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |
 この前川はものすごく勘違いしたまんま今に至っている。
 どれだけ勉強して事務次官になったかなんて、あくまで個人の問題でしかない。
 公務員と選挙で選ばれた公民との違いはしっかり存在する。
 主義主張を唱えるのは個人の自由だが、それを勝手に政策に反映させる訳にはいかない。
 たまたまそれが良い事だとしてもだ。
 執行権を持つ人間だって周りとしっかり話し合いをしている。

 地位を利用して法律違反をしたからには、適正な罰を受ける事も当たり前だ。
 この前川は、全く反省していない。
 自分が悪い事をしたと思っていないのだな。
 

 だから、開き直りみたいに、自身の正当化のためみたいな講演なんかしている。
 呼ぶ方も呼ぶ方で、結局は「アベニクシ病」であって、「改憲阻止」の、どこかから息の掛かっている連中か、平和ボケのお花畑の連中だ。

 しかし、結果として、アホが丸出しになり、高校生からも批判される羽目になる。

 前川氏講演は「時間の無駄だった」参加高校生が激白 半分以上が安倍政権批判
 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180324/soc1803240003-n1.html

 ( 笑)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!!

 いくら貰ったか知らないが、返しておきなさい・・。





【2018/03/25 08:19】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |