自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 東京五輪が7千億の予算だったのが、2兆円になり3兆円まで及ぼうとしておりますな。
 それに目くじらを立てている人たちも相当います。
 だってねぇ、社会保障だっていくら足りないのか見当もつかず、社会資本の老朽化だって、目も当てられない状況の所もある位ですから、一介の市民が、その様なおこがましい心配をしているのも無理ないですよね。

 むしろ政治に無関心なオバカよりもはるかに良い人なんだろうと思います。

 しかし、何回も記事にしていますが、日本は世界一の金持ち国なんですよね、その理由は簡単に言うと膨大な借金しているのは政府であって、貸しているのは大半が国民であり、企業です。
 さらに外国にも相当額の資産が存在していますね。
 それらをトータルすると世界一の金持ちという事になってしまいます。

 じゃああの多額の政府の借金はなんなの?という事になりますが、社会資本を充実させてきたツケと、官僚連中の天下り先を作ってきた借金ですな。

 判りやすいのは、古くは「グリーンピア構想」だったり、最近では「道の駅構想」だったりしますな。
 ちょっと調べると、そういうところの常勤理事とかには、かならっずと言っていいほど公務員退職者が入っていたりします。

 庶民には「金が無い金が無い」と言いながら、なんだかんだ屁理屈(地域活性化などというアレ)をくっつけて箱モノ造るのね。
 逆に言うと、天下り先を作っているのを隠す意味でも、「金は無いけど地域活性化」という事を建前にしています。

 しかし、デフレ下の日本では、個人も企業も借金しなくなっちまって経済が拡大しない今は、そういうのも本当はどんどんやらなければならないのよね。

 今、日本が抱えている大きなジレンマが正にそこなんです。

 官僚のくそったれの天下り先になるのは面白くないですが、国は長期国債を発行して経済拡大を積極的にやらなければならないのですよ。

 となると、潤沢な予算を持っている東京なんか、五輪予算が2兆が3兆でも、ガンガンやった方がいい・・という結論になってしまいます。

 東京五輪費用「3兆円」暴騰のカラクリ
 http://ironna.jp/theme/678


腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/12/04 08:29】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |

長期国債、買いますか?
冬水
ワタシは買いません。
金融機関はどうだろうか?優良企業は内部留保が多いので、貸せないし、不安な企業では、金利が低すぎて貸し出せないでしょう。では、国債は?マイナス金利ではね、買う気が起こらないでしょう。だから、金融機関も投信売ったり、保険売ったりの手数料稼ぎの商売かもしくは、サラ金になるかでしょうね。テレビでも地銀も「貸します、貸します」とサラ金並みの宣伝をしています。パチンコと同じでアホをカモにしての商売です。
長期国債は、きっと大量には売れない。だから、大量発行で景気回復は無理だと思いますね。


ヤマ親爺
冬水さん、今国債って足りないのよね。だから金利が下がっちゃっている訳でしょ。
政府の負債に対しての正しい理解が進まない事によって、長期国債までプライマリーバランスの対象にしているから政府が発行できないだけです。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
 久々に官僚社会主義のカテゴリの投稿です。

 失われた20年が無ければこんなことは書かないで済んだんでしょう。
 親方日の丸によって保護された公務員の収入や地位は、格段に上昇しました。
 て言うか、本来世界各国のGDPの様に日本も経済拡大を続けていれば、市井の隅々の経済活動もそれなりに拡大し、国民の所得もちゃんと上昇して行ったはずなんですね。

 ところが、プラザ合意の対策として打ち出した経済政策によって、見た事もない様なバブルに突入したかと思ったら、あっという間に急降下、そこまではある程度やむを得ないという感覚は国民は持っていましたが、その後の経済政策が、正に「羹に懲りてなますを吹く」ごとく、少し上向いては締め付けの繰り返しによって、かつて見た事のない様な経済停滞を招き、失われた20年などと呼ばれるようになったと思います。

 そして、馬鹿を見たのは経済基盤の弱い自営業や民間企業で、他が上向かないのにしっかりと昇給し続けて行った、公務員や農協の職員などが、結果的に際立って良い思いをするという構図になったと私は解釈します。

 それとはまた別なのかもしれませんが、それにも増していい思いをするのは、天下りなんですな。
 確かに今の世の中60歳で仕事をしなくなるのは、あまりにもったいない事とは思いますが、方やで「本当に仕事してんの??」と勘繰りたくなるような状況を時々お見受けしますな。

 早い話が、実質的な責任を伴わない「顧問」のような存在として、しっかりと収入だけ得ている・・という様な物ね。
 地方都市でも時々見受けますが、そんなのがごろごろと東京に入るらしいですね。
 「シロアリ」と呼ばれる所以です。

 自分で博打してみろ!!・・・と言いたいですね。(まあそんな連中は絶対できないと思いますが)

 東京都の天下りは“やりたい放題” 小池知事はメスを入れるしかない
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161012/dms1610120830004-n1.htm




腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/10/12 10:31】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |
 これだよ!
 財務省、コノヤロ。
 ま、単式簿記じゃ引き算の数字しか上がって来ませんもんね。
 マクロ経済学という観点は無いのね。
 「いかにマイナスを減らすか」という考え方しか無ければ、「増税増税!」ってやるしかないのな。

 実際に、資産や債権を勘定に入れての差し引きは100兆円程度の様です。

 安倍さんはそこにジワジワと、人事から攻めて行ったようですな。

 しかし、日銀が国債買い取で、実質の借金が減っているのは事実な訳だが、マスコミとか財務省とかいつか嘘をついていた事がバレバレになってしまいますよね。
 その時どーすんの?ですよね。

 ま、マスコミはしょせん無責任。官僚も誰も責任取らないから同じかぁ!コノヤロ

 

青山氏の話、これも面白い。

 岡田克也詰み。

 







腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/06/06 08:13】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |
 三菱は二度目だもんな。
 さらに、今に始まった事ではなく、四半世紀に及んでデーターを捏造していたってんで、罪はそうとう重いし、ユーザーに与えるイメージの低下は計り知れない。
 しかし、エンジンの基本データーの件は、ドイツ車の排ガス規制だったかの悪しき前例があったんで多少は救われているのかもしれないけどね。
 ところでドイツ車はどうなったんでしょうかねぇ。
 特にフォルクスワーゲンは、ユーザーや代理店から損害賠償が請求される羽目になりそうで、その額は数十兆円に及ぶらしく、社の存続すら危ぶまれている・・・らしい。

 何が原因だったか?
 よく見聞きする話が、現場のリアルな生産姿勢・営業姿勢と、株主及び金融側だけに目が向いている経営者側との思惑のずれが大きいってえのがありますな。
 その仲立ちをしっかりやるのが「中間管理職」の訳だけど、そこが「官僚化」してしまうと、こんな風になって行くのかも。
 上から言われた事を、そのまんま部下に押し付ける。
 また、達成できない場合はくそみそに怒鳴りつける。
 自分の失敗は責任を取らず、部下のせいにするか、それならまだ良い方で、完全に隠蔽してしまうとどうにもならない。
 体裁を繕って終わり。
 経営者側も、全く人心掌握ができていないから、そこが見抜けないんだな。

 要約すると、その場その場でその立場の人間が、絶対責任を取らされない様に体裁を繕う癖がついている・・ってぇ事なんだ。
 あのくい打ちとかも、東芝の粉飾もみんなそんな感じで発生している。

 ま、確かに責任なんか取った日にゃ、一生浮かばれないもんね。
 そんなこと言ったって、会社が無くなっては元も子もないんだが。

 三菱自、連鎖倒産も 「リコール隠し」超える深刻度 取引先6122社 従業員344万人直撃
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160428/dms1604281140006-n1.htm

 失われた20年は、政府、日銀の完全な「経済金融政策」の大失敗です。
 あのバブル景気を制御できず、結果今なら信じられないような莫大な不良債権を発生させました。
 それなのに、誰も責任と取りませんでしたね。
 という事は、当然総括もしていません。
 「羹に懲りてなますを吹く」よろしく、永遠と緊縮経済を推し進めた結果が「失われた20年」でした。
 上手くやっていれば、今頃GDPは7~800兆円になっていたでしょう。
 当然PBも相当良い線行っていた事と思います。


 非常に解り易い良い記事が出ておりました。

 三菱自と東芝、名門企業を蝕んだ「日本病」の正体




腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/04/29 12:10】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |

本当の目的は?
翠子
ブログ主さま、沢山の更新、お疲れ様です。

確かに三菱のしたことは、非難されて当然なのですが、マスコミがこれに乗じて、三菱つぶしを目論んでいるように思えて心配です。
ステルス機にしろ、原発にしろ、すぐ軍事に応用できる技術を、三菱は沢山持っているからです。


ヤマ親爺
翠子さん、そうですね、マスコミと言うか、そういう世界にしか住処が無いサヨクっていますよね。いわゆる生産性の無い奴らね。その連中はそんな風な事も考えているのかもしれませんが、ま、三菱自動車が廃業に追い込まれたとしても、あのコングロマリットは依然として強力なスポンサー力を持っているはずですので、だとしても、蟷螂の鎌というところじゃないのでしょうかね。

コメントを閉じる▲
 政府の財政は単式簿記なんだよな。
 負債ばっかりで、資産計上がどうなっているのかよく解らない。
 1000兆円なんて言われている負債の反対側にそれなりの資産が存在しているはずなんだが、それが見えてこない。
 逆に考えると、それを大っぴらにされたくないから負債ばっかり目立たせようとしているのな。
 経理なんか全然詳しくない私でもその辺の状況がなんとなく見えてしまう。

 あのとんでもない負債の大半は、官僚連中の天下り先の特殊法人に資産になったりしているのね。
 そういうのと、対外債権とかと相殺すると、1000兆円なんて言っている負債も、100兆円ぐらいだってぇ話。

 そんじょそこらの経済学者とは、レベルが違う、元大蔵官僚・財務官僚の高橋洋一氏が言ってんだから間違いない。

 だから、借金なんかちっとも怖くないんだから、ましてや低金利の今こそ政府は建設国債でもなんでもバンバン発行して、国家の大幅な立て直しをしろと、そうすればおのずと景気も回復するぞと言っているんですよね。

 政府実質借金はたった100兆円 「日銀緩和限界論」も根拠なし
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160409/dms1604091000003-n1.htm

 下らない、ムーディーズとかの格付け会社の評価の為に、増税した方が良い等と言う、まるでおバカな女性コメンテーター。こんなのがいるから大局的な経済観念が育たないのね。

 

 国家の富はどこに行ったのよ?

 と問うてみればよい。

 アメリカに持って行かれちゃったというのもあるだろうな。
 実際は持って行かれたんじゃなくて貸しているんだけど、簡単には返してもらえないもんね。

 もう一つは、官僚機構が上手に特殊法人みたいな形で隠しちゃったのよね。
 簡単に換金できないのが大きな問題なんだよな。

 あとは、金持ちの年よりか。

 困ったもんだ。






腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/04/11 08:45】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |