FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 それを、ドイツのナチスになぞらえた。
 やや、強引の様だが、財務官僚だって、家族のために組織の言い成りになってしまっている。
 そして、それを止めさせるのは世論だ。

 しかし、世論を盛り上げるには、なかなかハードルが高いのね。

 最後まであきらめちゃいけない。

 





【2019/02/20 13:39】 | 経済
トラックバック(0) |
 日本が、再び経済で世界をけん引するか、世界のハイエナにあさられて二流国に堕ちるか。
 今年が正念場だ。

 世界各国のGDPは、リーマンショックを除けば間違いなく拡大を続けている。

 日本だけがただ一国、何十年も停滞を続けている。

 何が悪いんだ?

 今やっている金融緩和を、もう二十年前にやっていれば、日本の経済は順調な拡大を続けていたに違いない。
 その金融緩和を妨げたのは、バブル崩壊に懲りた統合政府の「羹に懲りてなますを吹く」がごとくの「金融センスのまずさ」だった。

 そしてもう一つ。
 大企業に求められる「国際競争力」が、物の製造拠点を人件費の安い所に求め過ぎた結果、日本には安かろう悪かろうの商品が溢れ、物作りを主体とした一般国民の所得を、上げるどころか、長きに渡って真綿で首を絞める様に落とし続けて来たんだ。

 曰く、日本経済はグローバリズムに強姦されて、泣き寝入り・・ってぇ格好になっちまった。

 しかし、今年の増税は、その日本経済に「泣きっ面に蜂」のごとく、徹底的ダメージを与える事になる。

 今やらなければならないのは、消費税の減税なので、決して増税ではない。

 経済停滞招いた需要創出不足 改元後初のGDPも期待薄…これで消費増税ができるのか?






 

 

【2019/02/20 10:22】 | 経済
トラックバック(0) |
 自民・渡邉美樹氏、次期参院選“不出馬”決断 「民間の立場で『日本の改革』目指す」


 このブラック企業の経営者が、自民党から政界に進出して、何チャラ会議とかに出ていたんだな。

 新聞にも出ていたが、国の財政再建とかが公約だったらしい。

 そもそも、会社経営の感覚で国家財政を判断する事が間違いだ。
 会社経営は、極端な言い方をすれば分捕り合いだ。
 国家の経済全体が膨らもうが、収縮しようが、基本的には(他社よりも)収益を得て利益を上げて行く事、儲けたその先に社会貢献などの公益的な目的も見えて来る事もある。

 方や、国の経済は、世界とのバランスも大事だが、国内の経済エンジンをいかに円滑に回し、極力不平等にならない様に全体の分母をあげて行く、経済の拡大を目指すべきだし、現実にずーっとそうやっていにしえより、日本の経済は拡大して来た。

 それがどうだ、この25年間というもの、バブル崩壊でとんでもない経験をした国の経済の中枢である大蔵省と日銀は、羹に懲りてなますを吹くがごとく、徹底的な緊縮財政を続け、グローバリズムによる世界的生産性均衡化も加わり、長きに及んで労働賃金が停滞、いや下降を続けるという大間違いを招くという結果を続けて来たのだ。

 経済の拡大には、誰かが負債を負う事に尽きる。
 逆に、返済は経済の収縮に繋がる。
 消費や、投資は、負債を負って成り立ち、その資金は、あまねく国内に行き渡り、経済の拡大を招いて行く。
 そうすると、過度な分捕り合いは少なくなって行き、格差は縮小する事になる。

 企業と、国家経営の違いは歴然としている。

 単純に言うと、通貨発行権(今ではデジタル数字でしかない)を持っているかいないかだが、その違いは天と地の違い程もある。

 それを同列に比較しながら、おばかな政治家がしたり顔で国家経営を論じていたとすれば、残念でしょうがない。



【2019/02/14 08:12】 | 経済
トラックバック(0) |
  国民から意見募集も“上から目線”の財務省、「間違った緊縮」声は届くのか  by高橋洋一

 三橋貴明氏や、上念司、高橋洋一などの論客が、長きに渡ってずーっと「増税が国家を破たんさせる」と説いているのに、なんで財務省は死に物狂いで増税に踏み切ろうとしているのか?

 ただ単に、出世や、天下り先の創成や裁量権の拡大という目的だけじゃない様な気がする。
 いやもう一つ考えられるのは、公務員の無謬性に捉われている事なのか?

 無謬= 理論や判断にまちがいがないこと。

 しかし、これがもう崩壊してんのは、全世界に知れ渡っちまったことだよな。
 
 ただそれにしがみついている節があるのかもしれない。
 そして、今年の増税こそが、最後の牙城だと認識しているのかもね。

 だとすれば、そんなものに日本国民が犠牲になる必要は全く無いな。

 政治が段取りして、増税反対派と財務省の連中との公開討論会でもやったらどうなんだ?
 
 あ、そうか、増税は法律で決まっちまっているから、そんな事をする合理性は無いってぇ事なのか。

 法律で決まっている事を、簡単にひっくり返したら、隣国と同じになってしまう。

 かと言え、国家の瓦解を指を咥えてみている訳には行かない。

【2019/02/13 08:20】 | 経済
トラックバック(0) |

共通要素
素浪人
今晩は。

我が国の主要宦官府に共通している要素が有りますね。はい、その通り。利・従・阿・屈特亜です。主要宦官府とは、罪務宦官府を筆頭に、害務・放務を三大宦官府と称し、最近になって坑生が加わって四大宦官府と呼んでいます。

筆頭である所の、罪務の主任務は主様が書かれている通りなのですが、我が国経済を円高・デフレにして国民の自殺をほう助して来た殺人宦官府です。円高にして主に特亜企業の国際競争を間接的に助け、自国民は見殺しにして来たのです。この視点は『パチンコ屋の倒産を応援するブログ』の基調見識となっており、全国民が知っておくべき事実かと思います。増税反対の政治家を脅す小道具化している配下の国税庁の切り離しは必須です。

害務宦官府の悪行は戦前から変わりませんね。戦後は特に特亜擁護が酷く話しになりません。水産庁がIWC脱退せんとするのを最後まで妨害し続けたのはまだ記憶に新しいと思います。北京の日本大使館に脱北者家族を追って侵入した支那武装警察官に帽子を丁寧に渡したのも害務宦官たる害交官でした。

放務の酷さの象徴はヘイトスピーチ問題ではないでしょうか。実際、ヘイトスピーチの定義も無い状態から、日本国民の言論を特亜勢力に助力して法整備を進めたのですから万死に値します。こんな連中から入国管理部門が切り離されるのは我が国にとり朗報でしょうね。


ヤマ親爺
なかなか辛らつなご見識をお持ちですねー。たしかに今の日本の行政運営は、そのように見られても全くおかしくないほどいびつに行われていると思いますな。
安倍政権ですら左向きに見えてしまいますが、右往左往ではなく、明確な国家観をどう持つか、が大事な課題だと思いますね。

コメントを閉じる▲
 韓国のイチゴの苗は、日本から泥棒同然に持ち去られたものだと聞く。
 そのイチゴの輸出が絶好調だという事で、その輸出先は日本が主だ。

 イチゴなど農産物の輸出好調 日本向け最多=韓国・晋州

 何だか知らんが、「日本に実害はない」等と記事を書いたやつは、これをどう説明するというのだ。

 こんな記事。

 日本のイチゴが韓国流出、腹は立つけど実は損失は出ていない


 まあ、販売先はイオンなんだな。

 イオンなんかに降ろしたら、儲けなんかこれっぽっちもないんだが、それでも日本の農家を圧迫している事は事実だ。

 ま、この先の経済制裁は、そういうのを輸入規制掛けりゃ良いんだな。


 韓国国会の議長が、何だかとんでもない事を言ったみたいだしね。

 日本が虎だか猫だかの真価が問われるが、しっぽを踏まれたことは確かだ。



 

【2019/02/09 08:54】 | 経済
トラックバック(0) |