自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 安倍政権が重大な岐路に立たされている。

 何人かの閣僚にいくらか不安定な要素があったが、メディアや野党側のあからさまな言いがかりで、ずいぶんと増幅された話が国民に流布される結果になり、同じように増幅された安倍総理の人間関係と共に、大きな倒閣運動の波になってしまった。

 しかしそんな波に飲み込まれる訳にはいかない。

 今日の閉会中審査の成り行きもものすごく安倍政権の先行きを左右する事になるが、総理もしっかりと立て直しを図らなければならない。

 外交はいくらか成功しているが、何よりも大きな不安定要素のトランプ大統領がその不安定要素が無くならない限り、だれが総理になっても米国発の波は避けられない。

 そして大きな問題は、国内経済だ。

 アベノミクスでいくらか上向いたと思われた景気も、消費税率の引き上げでブレーキがかかっている。
 あれが無ければ今の景気は相当上向いていたはずだ。

 それって、総理や麻生大臣のせいではないな。

 一番大きな癌はなんといっても「お小遣い帳財務省」だ。

 マクロ経済をお小遣い帳レベルの加減で考えている節がある。

 その辺の若手の銀行マンレベルでも、「今の日本に必要なのは政府の財政出動だ」と簡単に言ってのける状況になってきているのに、全くその気は無く政府は緊縮財政を続けている。

 それに輪をかけての増税だ。

 せっかく政権交代できて民主党時代の社会不安が払しょくできたと思うのに、財務省のせいでまたまた大きな暗雲が立ち込め始めている。
 その暗雲は財務省発なのだが、それをまんまと政権の責任に置き換えてしまっているのが反日勢力だ。

 マクロ経済に関しては、ノーベル賞受賞の経済学者でも明確な正解は出せないほど難しい問題の様だが、世界は少しずつ気付き始め、財政均衡主義から脱却を始めている。
 しかし、日本だけがどうも思うように行かない。

 石破は論外だが、簡単にはその存在を否定できない位の存在感となっているこの小泉進次郎も、残念ながら、財務省にしっかりと騙されちまった「お小遣い帳経済論」者の様だ。

 彼には他にも、言いたい事はあるが、その残念な経済論だけは、何としても改めてしっかりと財務省と戦う観念を持ってもらいたいと思う。

 もろ手を挙げてとは行かないが、そうなれば益々一目も二目も置きたい存在となる。

 36歳、小泉進次郎氏の「悩ましい夏」 初入閣に本人は否定的 「みんな、僕が失敗するのを待っている」
 http://www.sankei.com/politics/news/170723/plt1707230031-n1.html

 やや極端な物言いをする人物だが、財務省の話よりこの上念氏の話を聞く方が、はるかに日本のためになる。

 





【2017/07/24 08:28】 | 経済
トラックバック(0) |

マスゴミ潰しに財務省潰しにネットの任務は大きい!!!
しょうちゃんのつぶやき
 稲田さんも財務省に篭絡されたので後援会から脱退しましたが、経済・財政への認識が確かでないと議員は勤まりませんね。
 経済が発展して国民が幸せにならないとダメなのに日本潰しが目的化?と思える財務省に篭絡されるようでは小泉さんも先が知れています。
 石破を支持したりも?がつきますが残念ですね。
マスゴミと財務省を解体処分しないと日本の明日が見えません。
 今後ともバズーカ砲よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます
-



ヤマ親爺
次の記事に書きますが、世論調査では次期総理に石破氏を望む声が大きいようです。
増税、謝罪外交論者の石破では、国家はますます疲弊し、発展途上国に逆戻りしてしまいます。
それは何としても防がなくてはなりません。

隠しコメントさん、嬉しいお話をありがとうございます。戦友の再開って感じですね!


コメントを閉じる▲
 そうなんだよな~。
 政府はずーっと緊縮財政を続けているんだよな~。

 やっぱり財務省の力が強いのかな~。

 そして、その連中にさんざん洗脳されちまった朝日や毎日が、しまいにゃはやりの「忖度」した様な記事を書きまくって、国民をミスリードしている。

 野党も馬鹿だし、自民党にも「緊縮財政至上主義」みたいな議員がぞろぞろいるようだし。

 


 野党民進党党首の大馬鹿ぶり。wwwwwwwwwwwwwwww

 アベノミクスの(好調)は、野田政権時に決めた消費増税のせいだ。 (゚Д゚)ハァァ~?
 http://snjpn.net/archives/22757

 山本太郎、少し見直す。






 

【2017/06/14 13:22】 | 経済
トラックバック(0) |

ま、デブが多い国は成長しないのだ
冬水
これ以上、食ってもしょうがないだろう。食うことが何よりも消費力だから。
だから欧米、そして日本は成長しない。日本もデブが多くなったからね。
まだまだ、痩せているのが多い東南アジアや中国は成長する。痩せは大食いなのだ。だから消費力がある。動作も機敏だし。日本を成長させたいなら人口を増やすしかない。
デフレは続くだろう。パナソニックの冷蔵庫の宣伝で「チルドで一週間、大丈夫」と言っていた。重大な秘密をばらした。スーパーもチルド状態で展示しているから、店出し日から一週間は大丈夫。消費期限を二三日過ぎても大丈夫。で、ワタシは肉も半額で買う。カネを倹約して、さらにデフレに貢献。


ヤマ親爺
お説ですと、供給過多で消費が成熟したからデフレなんだという事ですな。世代によってはそうかもしれませんが、若い奴らはそうではありません。
長年に渡る所得の低下が、消費の低迷を招いています。子育て世代の生活苦が生じ、少子化になり、自動的に消費が低迷しますね。賃金の緩やかな上昇に持って行かないと、マイカーや住宅などの大きな買い物が全くできないような状況なんですな。

コメントを閉じる▲
 日本人は、国家から食わせてもらっているんじゃない。
 その一点で、国家予算を家庭の財布に例える事がおかしいのがよくわかる。
 逆に、国を食わせてやっているのが国民なのだ!

 だから国民に課す税金が増えれば間違いなく国民は疲弊し、景気は低迷。
 当然税収は減ることになる。
 当たり前だよね。

 民主党とか、あの山本某とかは、増税した分の再配分で経済に安心感を持たせ、経済を回復させようとしている。
 それって、一見正しいようなロジックなんだけど、GDPの拡大にはブレーキがかかる訳だから、やっぱり間違いなんだよな。

 三橋氏や、この高橋氏の増税は間違っているという話が、なんで財務省に通じないか?
 その辺も35分付近で出てくる。

 

 今、あまりにも経済の首都圏集中が進んでいるが、それとてもGDPが拡大しないのが原因だし、同時に地方の疲弊も言わずもがな。少子化の要因だってデフレ経済が続いていることだって大きいんだよな。

 いっそ、消費税の全廃だって、景気の急激な回復、そして賃金の上昇につながる事は間違いないと思うのだがね。

 ついでに「プライマリーバランス」も撤廃だな。

 




【2017/06/02 08:55】 | 経済
トラックバック(0) |
 経済が活況を呈し、GDPが膨らんでいれば、ある程度の緊縮財政や増税は問題ないと思います。
 しかし、ようやくデフレ脱却の萌芽が出てきたとはいえ、大企業の巨額な内部留保に回ってしまい、市井の庶民と言われるような人々にはまだまだ実感としては厳しい世の中です。

 そんな中、経団連の会長が「19年の増税やむなし」と発言するやら、自民党の若手議員ですか、プライマリーバランスの堅持などと言いだすやら、麻生総理も同様に「財政規律は重要」と言ったりね、どうも国家中枢は経済政策を間違っているよ。

 経済は拡大しなければ分捕り合いです。
 経済の拡大は、官か企業か個人のいずれかが負債を負わなければならないんです。
 これは紛れもない事実。
 個人の消費が落ち込み、ローンを組まなくなり、企業が設備投資に消極的な今、政府が借金をして経済を膨らまさなければ、景気が良くなる訳がありません。

 三本の矢のうちの一本は、大規模な財政出動だったんじゃなかったのぉ?

 と言う話。

 アベノミクスは初心に帰れ デフレ転落阻止に不可欠な追加金融緩和と積極財政策
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170524/dms1705240730004-n1.htm

 宮崎てっちゃんもおんなじ事をおっしゃってます。

 






【2017/05/24 10:53】 | 経済
トラックバック(0) |

消費税を上げると儲かる企業が多い
冬水
ふつう、売り上げの数パーセントしか儲からないだろうに、輸出すると8パーセント余分に儲かる。笑いが止まらないから、もっと増税しろと、世の中で声の大きい企業が世論を作る。
消費税と言うのは、お金を使ったら罰金という仕組み。だから庶民は遣わなくなる。
政界も経済界も「自分が儲かればよいのだ」という我利我利亡者ばかりになったから、いずれ破たんするだろう。そこで、初めて「ワタシがばかでした」と気づく。吉良邸討ち入りに遅刻しましたとなる。


ヤマ親爺
しかし、あの世界で功を成した人たちって、相当レベルが高い人たちだと思うのですが、なぜそうなるのでしょうか?そこが不思議でなりません。

コメントを閉じる▲
 もうね、大蔵官僚から財務官僚として、中身を知り尽くしている高橋洋一氏が完全にばらしているんですがね。
 財務省がマスコミを通じて、広く拡散している「国の借金1000兆円ガー」ってぇのが、いかに欺瞞に満ちているかと言う話。

 ようやく様々なメディアで紹介される様になって来たね。

 日銀が、白川総裁から黒田総裁になって、大転換を遂げたんですな。
 んで、市井の国債を買いまくった訳です。
 総額400兆超!

 なんと、1000兆円のうち400兆円がデジタル数値となって金融機関に鎮座しましたな。
 そして、市場には国債が足りなくなってきているって事のようです。

 その金利は?政府が払わなくちゃならないのでわ?
 ってぇ話ですが、その金利って国庫に入るんですよ。
 もともと日銀は政府の子会社ですから、連結決算で金利どころか400兆円その物がチャラ?と言っていい存在なんだそうです。

 ありゃまあ~。

 あと残りの600兆円は、大半が天下り先の資産となっていて、バランスシート上で言えば均衡で、何も問題は無し。
 あとは対外債権もかなりある訳ですし、プライマリーバランスにこだわるおバカ政治家を尻目に、事実上、財政の健全化は終了しているという話です。

 だったら、消費税やめろや!!

 いや、払ってやっても良いから、教育の無償化はさっさとやれ!!

 ってぇ話。

 
「国の借金1000兆円」の真実「教育投資」をめぐる不可解な議論
 http://news.livedoor.com/topics/detail/13062682/



【2017/05/15 08:38】 | 経済
トラックバック(0) |