FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 伊藤詩織があの東京新聞の望月イソ子と組んで、安倍政権打倒に燃えているという。

 何ともチャイルディッシュで笑えるし、一生懸命持ち上げようとするサヨクとマスコミが痛いレベルに達している。

 安倍政権が弱体化して喜ぶのは、間違いなく半島や大陸だ。

 そう考えると自ずと構図が浮き上がって来る。

 でも、化けの皮が剥がれて来た様だね。

 【性暴力訴訟】伊藤詩織氏がホテルから歩いて出てくる防犯カメラの映像がTwitterで拡散 → 伊藤氏の支援者が削除要請するも何故かツイートを削除

 近々、どこからかおまとめが出て来るのを待ち望みます。



【2020/01/19 15:18】 | マスコミ
トラックバック(0) |

大規模な女性の社会参加政策は現代の女工哀史であり女性保護の視点に欠けるから後世必ず批判される!
ななし
女性の性質は本質的にボランティア的なもの。
これに対してビジネスの本質は闘争である。
従って、闘争の中に女性が投入されればボランティアが搾取の対象とされるだけで、都合良く使われるだけだ。
だから古来より、性別分業によってビジネスは男性の領分だったのである。
これを弁えない政策は犯罪を犯していると言えるのだ!
直ちに女性の社会参加を抑制すべきではないか。
家庭内労働に従事する女性には、国が給付金を支払うことで養うべきと考える。
日本は何時からスターリン体制下のソ連になったのだ?(女性の労働力化はソ連の政策)
馬鹿じゃないかと言いたい。正気に戻れ、日本!


ヤマ親爺
ななしさん、素晴らしい視点ですねー。
わたしも常々、男女共同参画社会基本法には極めて懐疑的でした。
いえね、男女の平等感覚には賛成なんですがね、一般社会においての性差ってぇのは尊重すべきだと思うのです。
女性は男性が守るべき存在だと思っております。
少子化だって未婚だって、そんな変な建前が原因だと思いますな。

コメントを閉じる▲
 本当に腹が立つよね。
 
 NETがあるから判るようになったけど、NHKのまんまだったら明らかに日本人だよな。

 【中国肺炎問題】坂東忠信氏、NHKの報道に苦言「日本のNHKではなく、中国の犬っち系だから仕方ないですが…」

 日本のNHKではなく、中国の犬っち系だから仕方ないですが
 「武漢に渡航した男性から」とのタイトルは間違い。

 正しくは
 「武漢に帰国し再入国した中国人男性から」ですよ。
 タイトルに騙される人が多いと思いますが、日本人が持ち帰ったのではなく、持ち込まれているのです。



 この怒腐れぶりは看過できませんな。
 与党もぼさっとしてんじゃないよ。
 何とかしろ!!!

 

【2020/01/17 11:21】 | マスコミ
トラックバック(0) |


-
NHKは大晦日の昼のニュースで毎年必ず「横浜中華街のようす」を映してますよ


ヤマ親爺
ありがとうございます。
なんか、暗号でも発信してんでしょうかね。

コメントを閉じる▲
 いやはやまあなんとも酷い社説があったものです。

 ま、ググって見ますと、朝日新聞は、ずーーーーっと以前から狂った社説を書き続けて来たみたいですな。

 んで、炎上しているのがこの社説。

 (社説)東京五輪の年に 旗を振る、って何だろう

 自分の所の社旗は棚に上げてねぇ。
 どうせ、高校野球では社旗と日の丸を挙げるくせにね。

 突込みどころ満載であふれかえっていますな。

 むしろ、お笑いに近い程です。

 追記ですが、こんなの出てました。

 朝日新聞、中国の愛国心やら五星紅旗やら、超礼賛。
 (超古い記事でしたが)
 82709561_171691370588891_9084336635448918016_o.jpg

 もうクソが付く馬鹿だね!





 

【2020/01/14 09:29】 | マスコミ
トラックバック(0) |
 テレ朝、報ステでおわび 自民世耕氏、放送前にツイート

 もうとっくに終わった話だ。

 政治家なんてのは、もともと「清濁併せのむ」という性質なんだ。
 いや、世の中がそういう風に成り立っている。
 庶民感覚だって、自分達を棚に上げて、有名人や公人のちょいとした背信的な事を糾弾したがっている。
 ネタなんだよな。
 メディアが視聴率取るために、庶民のうっぷんのはけ口を探しているってぇ事だ。

 で、作為的な編集が見咎められて謝罪に追い込まれ、ネタになっちまったというお笑い・・・かよ。



【2019/12/12 08:19】 | マスコミ
トラックバック(0) |
 天皇陛下「即位礼」に“難癖”つけ続ける朝日新聞 「万歳」を異様に危険視…日本の国家意識を貶め

 ヘタレ朝日は、いまや、韓国や中国にすり寄る事によってかろうじて存在を留めている。
 最早風前の灯火と揶揄する言論筋もあるが、当の朝日新聞が作り上げた支持層も根強く、簡単には廃刊とは行かないのかもしれない。

 その支持者を繋ぎ止めておくための記事だな。
 あほらし。

【2019/12/05 09:16】 | マスコミ
トラックバック(0) |