自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 とまあここまで書けば誰だかお解りですね。
 裏では相当激しい丁々発止が行われています。
 しかし、野党はそれでいいよね。

 与党、取り分け安倍政府は、北をにらんで地元にも戻れない先生方もいらっしゃいますな。
 安倍さんに至っては、それらもフォローしながら、日米ロの調整もしなければなりません。

 いやご苦労なこってす。

 政治屋だらけの野党は、ここらで総お引き取りを願いたいものですな。

 (しかし、わが新潟4区はだいぶ厳しいのよね、金子恵美には頑張ってもらいたいものです。)

 【渡邉哲也】小池と前原を裏で操って繋げた黒幕は間違いなくコイツだ!
 

 

【2017/10/16 11:39】 | 反民進
トラックバック(0) |
 事実上衆議院から民進党がいなくなった訳だが、何とも中途半端なのが参議院だよな。
 選挙が二回に分かれているから、民進党で当選した連中も二通りだ。
 その中の、この民主党時代、競馬馬とか所有しちゃって、ずいぶんとセレブな法務大臣だったりした小川敏夫が何やら香ばしい。

 総選挙後、又民進党で再結集したい旨の発言があったらしい。

 ま、気持ちは分からんでもないが、いよいよ国民の方を向いておらず、自分たちが「政治屋」だという事がますますバレバレになってしまう事態に気が付かない。

 それぞれの政策によって離合集散が成されるのが政党だよね。

 それが、先ずは当選で、その後に自分たちの都合で(ほぼ金だな)右往左往する。

 恥ずかしいね。

 ま、どんどんやってくれ。

 小川敏夫氏「リベラル再結集は民進党再結集にあらず」自身の発言をツイッターで否定 追い風止めかねない? 火消しに躍起
 http://www.sankei.com/politics/news/171014/plt1710140026-n1.html




【2017/10/15 06:56】 | 反民進
トラックバック(0) |
 この、私は気に入らない民進党参議院議員の小西ひろゆきが、青山氏とおんなじ討論番組に出ている。
 ま、その度胸は認めてやるがね。

 いつものクイズ王ぶりが封印されている。

 五日の番組で、「そういう問いかけは卑怯」みたいに言われたんで少しは反省したのかね。

 ま、そういうのは置いといて。

 そのやつが、何回か同じことを言っていたんだけど、「米海軍は日本に駐留していないと、成り立たない状況になっている」「そしてそれを守っているのは自衛隊なのに、こんどは一緒に戦えっていう今の安保法制はおかしい」・・ってね。

 しかしさぁ、以前からつくづく思うんだけど、この二つの文言て、どう考えても事実上の「集団的自衛権」じゃないのかね。

 すでに既存なんだから、無駄な時間を費やして不毛の議論をしているんじゃあないかなって、いつも思っております。

 


【言っちゃったww】小西ひろゆき『前原さんに騙された』  ←所詮その程度の政党でしかなかったという事。





【2017/10/08 11:39】 | 反民進
トラックバック(0) |
 もしこんな感じで大連立が成立したとすれば、そして大きな目標だった改憲に向けての動きが本格化したとすれば、ものすごい事です。
 そして、今までの小池百合子の不可思議ともいえる動きも、そこに向けての茶番だったとすれば、そりゃーとんでもない緑の狸です。

 まあ、きれいごとでの正攻法では、改憲への道は果てしなく遠い物かもしれません。
 茶番と言われようがやり遂げなければならない事だと自覚した動きだったとしたら、それは評価しなければなりませんな。

 立憲民主党(笑)や、共産党、それに半島マインドのメディアはこぞって「大政翼賛会の復活」と一大ネガティブキャンペーンを行うでしょう。
 結果が、もう見えていますが、その結果後の後始末も考えながら動かなくてはなりませんな。

 小池百合子の「排除」もその為の「後の先」だったのかも?

 ま、「その後」を楽しみにしましょう。

 衆院選後に安倍氏と小池氏「改憲大連立」の予感 議席数次第で問題決着の好機 八幡和郎氏が緊急寄稿
 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171006/soc1710060013-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop




【2017/10/07 10:55】 | 反民進
トラックバック(0) |
 まあね、彼女の最大の功績は何といっても民進党の解体ですな。
 それはもう誰にもできない素晴らしいやり口でした。
 賢明な政治家であればあるほど「排除」という言葉は軽々に発する事は出来ませんよね。
 それをずばずば言っちゃうんだもんね、まあこっちはずいぶんと溜飲は下がりましたな。
 そこまでは拍手喝采でした。

 しかし、生きの良い若いのが反旗を翻しましたな。
 その内容が、こりゃまた小池百合子の化けの皮を剥がしてしまった。


 【緊急生出演】音喜多『久々のテレビ出演も即死級の一撃を喰らい』言葉を失う状況に。男らしくないんじゃない?【都民ファ・離党】
 

 あの女は壊し屋であると同時に、とんでもない鬼婆でしたね。

 そして、鬼婆の暗躍ぶりです。

 【激闘10・22衆院選】小池氏、水面下で石破氏に離党打診か 永田町関係者「首相候補として衆院選を戦えればいい」
 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171006/soc1710060003-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop





【2017/10/06 10:28】 | 反民進
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



ヤマ親爺
隠しコメントさん、いつもありがとうございます。


コメントを閉じる▲