自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 「万引き家族」ですか?
 何か観る気がしませんな。

 こんな記事を見れば尚更です。

 <林文科相>カンヌ最高賞で祝意を 是枝監督は辞退表明
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000041-mai-pol

 まあ、助成金(2千万円?!)をもらっている事を自ら告白したことは良いね。
 
 「左右両派!のバトルは終わりにして」万引き家族の是枝監督がブログで訴えたこと
 https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/shoplifters2?utm&utm_term=.ggVzv87MN#.svEe581k2


 しかしね、自身のブログ内で「ドイツの様に謝罪しろ」ってぇのは大間違いなんだな。

 近現代史を正しく学んでいない。

 戦後教育の弊害だな。

 なんであの業界にこういう奴が多いのでしょうかね。
 嫌んなっちゃいます。

 高須さんの言う事が最も腑に落ちるね。

 伊藤さんのも。
 ito-siro-.jpg





【2018/06/10 08:42】 | エンターティメント
トラックバック(0) |
 『笑点』大喜利の安倍政権ネタでバトル勃発 石平氏「社民党のような偏った政治批判」 ラサール石井「権力批判は庶民のエネルギー」

 そういやあ昨日の笑点でもやらかしていましたな。

 円楽だったか、日本人で良かったと言えなくなっている・・・みたいな内容の話をしていました。

 冗談じゃない!

 安倍政権になって、ようやくまともな国になって行くという実感を持ち始められたと思うのにね。

 偏向メディアの偏向報道だけしか観てないのでしょう。
 偏った情報しか頭にないから、偏った話しか出てきません。

 この記事に出て来るラサール石井なんて、頭は良いはずなんですから判りそうなものですが残念な事を言っていますな。

 「政権批判は庶民のエネルギー」ってぇ話は理解できますが、それを誘導してんが偏向メディアだったらお話にならないでしょう。

 んで、その偏向メディアを生み出しているのは半島やら大陸やらの思惑だったりしたら目も当てられません。

 そういう可能性を否定できない以上、簡単に政権を揶揄する様な話をしてほしくないね。

 いえね、私だって、竹中平蔵率いる経済財政諮問会議や、霞が関なんかには全くもって批判的なんですがね。




【2018/06/04 08:00】 | エンターティメント
トラックバック(0) |
 興味深い記事でありましたな。

 あのエバンゲリオンの主題歌に噛みついたいい年したオッサンに、その作詞家であるおばはんが正論で反撃。
 バトルは続き、ニュースにまでなった。

 山本寛氏、今度は「残テ」作詞の及川眠子氏にかみつき 「応酬」で大騒ぎ

 news_20180601160357-thumb-autox380-138416.jpg


 こりゃ炎上商法かいな?と、思いながらワタクシも取り上げてしまいました。


 詩の内容なんてもともと感性のほとばしりだから、オナニーみたいなものなので、はなっからこっぱずかしいのなんて当たり前。
 厨二病なって言われたって、アニメそのものが厨二病の権化みたいな内容だもんね。
 たとえ厨二病だって、もはやマジョリティーと呼べるほどいる訳だから、共感すれば売れまくる。

 それに対する、山本氏の、言わば感想文も「こっぱずかしい」の部分は的外れではない。
 (けなしておきながら、しっかり内容把握しているところもおかしいが)

 しかし、年の功の及川女史の「売れちゃってごめんね~」で、プッツンしちゃったんだな。

 山本氏、その後はけなしまくって、挙句及川女史をブロック、さらに一人相撲で追い打ちを掛けたようだ。

 今の世の中、残念ながら 話題になったもん勝ち、世に出たもん勝ち、売れたもん勝ち。
 
 その意味から言えば、話題になった分この炎上商法は成功したかに見える。

 

 

【2018/06/02 08:09】 | エンターティメント
トラックバック(0) |
 アイドルでもちゃんとこんな事を言える子がいるんですな。
 いや~関心いたしました。
 断固支持します。

 AKB田野優花に「アイドルの自覚ある?」 韓国めぐる発言で謝罪
 http://news.livedoor.com/article/detail/14257833/

 しかし、又最後に謝罪してんのな。

 謝罪なんかしなくていいって。



【2018/02/10 08:13】 | エンターティメント
トラックバック(0) |
 なかなか思い切ったCMですな。
 しかし、壇蜜を使えばこれ位のちょいと危ない雰囲気は観る側で期待してしまうよな。
 作り側の意図と、見る側の意図が見事に重なるという事ですね。

 しかし、問題は、これが宮城県のイメージアップに繋がり、観光客の増加に結び付くかと言うと、ちょいと怪しいと言わざるを得ませんな。
 ましてや、昨今の観光客とみれば、多くが近年リタイヤされて、おかーちゃん孝行に退職金で買ったばかりのハイブリット車で小旅行程度の物から、なんとも信じられない様な高額な列車旅をおばはん同士で楽しんじゃう・・みたいな、およそ壇蜜の世界観とはかけ離れた、枯れかかる寸前の一花・・の様な旅が多いのではなかろうか‥と思うとね。

 ま、お好きにどうぞ・・なんだが。

 

 少なくとも私は無いね。



【2017/08/22 09:13】 | エンターティメント
トラックバック(0) |