FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 いや酷いもんです。
 よくここまで表面化しないで来ましたな。
 「終身会長」なんていう時点で「おかしい」と言う動きになるべきだったんですな。
 しかし、昨日、この会長がインタビュー形式で言い訳していましたが、まあ酷いもんです。

 地元でも嫌われているって、もう反社会的存在ですな。

 山根会長“衝撃正体”にボクシング界大荒れ 「われ、コラ。アホ、ボケ、カス」と暴言 「和牛肉しか食べない」過剰“おもてなし”も
 http://www.zakzak.co.jp/spo/news/180802/spo1808020005-n1.html

 あの日大の理事長と交友関係があったようですが、山根会長の方が7歳ぐらい年長ですので、間違いなく頭が上がらない存在だったと思います。

 「どんだけ~~」って言うレベルですな。


 日本人のメンタリティーじゃないな‥と思っておりましたら、やはり・・・。

  【炎上】審判恫喝事件で逃亡中の山根明会長のプロフィールが判明 / 元在日韓国人で釜山市出身「日本でも韓国人ボクサーを優遇」
 http://buzz-plus.com/article/2018/08/02/yamane-boxing-korea-news/



【2018/08/03 08:07】 | スポーツ
トラックバック(0) |
 いや~~凄かった!・・・んだけど、もうちょっと観たかった。
 前に拳四郎がやってたからまだ良かったけど、井上尚弥のだけだったらあまりにもあっけなくてね。

 とは言え、十二分に凄い試合には、時間の短さを凌駕してしまうパワーがあった。

 その凄みをじっくりと表した良い記事です。

 井上尚弥の衝撃の112秒TKO3階級制覇の裏にあったテレビに映らないドラマ
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000001-wordleafs-fight&p=1


 他にも。

 「マクドネルが井上に吹き飛ばされた」 1回TKO負けに英メディアも衝撃/BOX
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000576-sanspo-fight

 マクドネル 初のTKO負けに「地球上で一番強い男と試合ができた」現役続行には意欲
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000175-spnannex-fight.view-000

 井上尚弥、30秒で「あ、これ、いける」王者のパンチ見切る 村田も舌巻く圧勝
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000182-dal-fight


 次が楽しみだね!!




【2018/05/26 12:01】 | スポーツ
トラックバック(0) |
 正直申し上げて、私は野球は詳しくありません。
 なぜかというと、ガキの頃野球が嫌いになった時期がありました。
 猫も杓子も野球をやっていた時代に、事、野球だけの様な気がしますが「ヤジ」という物の存在に疑問を持ったからです。
 当然私もやじられました。
 しかし、現代ほどではないんですが、当時でもやはり「いじめ」は良くない事という認識がありながら、その「ヤジ」って、なんで許されるのか理解できませんでした。

 いじめでなくても、スポーツマンシップという観点からも「ヤジ」はみっともない行為だと思います。
 それは今でも思っておりますね。

 という理由で野球が嫌いになり、野球をやらないという理由で仲間外れになったりして、尚の事内に閉じこもる幼少の時代を過ごしました。

 しかし、社会人になってからはプロ野球のテレビ観戦はしばらく楽しみの一つでもありましたね。

 しばらくして、サッカー人気に押されたのかどうかは知りませんが、プロ野球のテレビ中継が少なくなってきて、自然に野球に対する興味も薄れてしまった今日この頃なんですが、最近、じじいになってもこんなに感動する事があるのだと、大谷選手の活躍には胸を躍らされております。

  【MLB】驚異の活躍見せる大谷に米記者が“公開謝罪”「私が完全に間違えていました」
 http://news.livedoor.com/article/image_detail/14555139/?img_id=17119094
 
 593f3_1397_0605efac_a41c8676.jpg





【2018/04/10 08:16】 | スポーツ
トラックバック(0) |
 まず、2018・4・9の大谷翔平のメジャー二回目の登板です。
 
 
 大谷翔平、本拠地初登板は7回無失点1安打 12奪三振にファン熱狂
 http://news.livedoor.com/topics/detail/14551608/

 この記事を書いている時点では試合途中でしたが、二勝目は間違いないでしょう。
 
 それにしても凄いスターになってくれましたね。
 ていうか、米国の大リーグの方が性に合っているのかね?
 いや、日本も含めての成長過程なんでしょう。
 それにしても素晴らしい!!
 驚嘆です。

 私は、常日頃、「筋肉ばかは嫌いだ」とこのブログにも書いて来ました。
 特に自分の事なのに「9連覇の偉業」などと自分から言ってしまう、勘違いで政治家までなってしまった某女柔道家や、人の批判に明け暮れるいい年した、昔大選手のコメンテーターなどは大嫌いです。
 更には、最近露出が多くなった、相撲界の馬鹿な若手や、頭の悪い年寄り、硬直した理事会などを見るにつけ、やっぱり人間性は良くなければ絶対ダメだとの思いを強くしました。

 しかし、同じスポーツ選手でも、この冬に活躍した選手たちや、特にこの記事の主役である大谷翔平君には、なぜか人間性の深さを感じる事が時々あったので、好きだなーと思っておりましたら、そのもとになる様な表がネットに出ていました。

 驚いたのは、いや驚くよりも当然そうなんだと思わなければならないんでしょうね。

 表は、努力目標であって、そこには、運や、人間性を向上させるための項目がちゃんと明記してあったんです。
 素晴らしい中身で、これって、いろんな分野に応用できるんだなと思いました。

 これです。

 f5965db947f4980aef19dacde5831f8b.png

 ああもっと早くこういうのに出会いたかった!!




【2018/04/09 08:20】 | スポーツ
トラックバック(0) |
 まあね、日本人にはワカラン世界だ。

 パシュート韓国代表 仲間割れで世界に見せつけた恨の精神
 http://news.livedoor.com/article/detail/14356108/

 哀れだ。





【2018/02/26 20:12】 | スポーツ
トラックバック(0) |