FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 小さな子供の自殺は非常に痛ましいです。

 ずいぶんと荒れたクラスだったようですね。
 ご冥福をお祈りいたします。

 親が十回も相談しての挙句とは・・絶句

 [桐生・小6自殺]学級、担任の指導聞かず 給食中孤立招く
 http://news.livedoor.com/article/detail/5097181/



 私の持論を書きますが、お気に触ったら申し訳ありません。

 基本的には九つぐらいまではサルとおんなじ・・なんていう言い方になってしまいますが、もちろん個人差はそうとうあるという事も加味した上で、個性を重んじる教育なんてぇのはいらないと思います。

 三つ子ぐらいからきっちり管理教育すべきですね。
 規範意識や、基本的生活習慣を身に付け、自己に厳しく、他に優しい心を持った子供に形作る教育が必要です。
 個性を生かすなんていう詭弁で、親や教師がサボっているから、前述のような感覚をまるで持ち合わないロクでもない子供が育ちます。

 九つと言うのは目安ですが、その辺りから、ヒトの子として尊重し、社会的な物事を教えて行くのが良いんじゃないかと思っております。

 反抗期は子供としては当然というか、自然にあることで、ここを怖がっては何も出来ません。
 反抗期=親離れであり、それができない子供はニートになります。
 そして、離れられない己をうらみ、苦しむことになります。

 
 では、クラスはどうかというと、これもサル山とおんなじで、担任や校長がしっかりとボスざる宜しく統率できないから崩壊するんですな。
 ビクビクと子供の顔色を見すぎなんじゃないんでしょうか?
 逆に、強面ばっかりでも当然ダメですね。






【2010/10/26 19:32】 | 事件
トラックバック(0) |


duca-me
これは…ご冥福をお祈りします(-人-)
しかし、やっぱ学校はいじめの事実を認めませんねぇ…(-_-;)


ヤマ親爺
いじめは程度問題ですが、手をつけられないクラスになっちまったら何があっても解りません、それだけでも大きな責任問題ですね。
そこの認識がまるでできていない・・と言う事なんでしょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
これは…ご冥福をお祈りします(-人-)
しかし、やっぱ学校はいじめの事実を認めませんねぇ…(-_-;)
2010/10/26(Tue) 22:26 | URL  | duca-me #-[ 編集]
いじめは程度問題ですが、手をつけられないクラスになっちまったら何があっても解りません、それだけでも大きな責任問題ですね。
そこの認識がまるでできていない・・と言う事なんでしょう。
2010/10/27(Wed) 11:53 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック