FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 ゆうべは、地元の夏祭りの決起大会で盛り上がった。
 みんなで作り上げた祭も11年目、ようやく地域に定着させてもらったようだ。
 地元の市会議員さん達も5人も駆けつけてくれて大いに地域おこしの話しをする事ができた。


 今日は田んぼに入らなければならないのだが、いささか、イヤかなり二日酔い気味である。
 この時期は田んぼは「中干し」という状態に入る。
 水生植物である稲だが、この時期に水を極力抑える事によって根張りが良くなり、たけが伸びなくなって倒伏しにくくなるのだ。
 もう一つ、危機感を感じて実付きが良くなるとも言われている。
 いわゆる「疲れマ○」だ。
 その作業は単に水を抜けば良いだけのことなんだが、半渇きの状態のときに溝を切る作業が大変なんだ。この中干しが終わる頃、今度は水が大いに必要になる出穂時期があるが、その際冠水が容易になるようにする為と、収穫期にちゃんと田んぼを乾かすように排水のために溝を切る訳だ
 その作業は、エンジン付きの自走する機械を押すだけのことなんだが、なにしろ田んぼは半渇きなんでまだ足がもぐってしまう。
 三反田んぼは100mあり、それを5往復、1Kmを大長靴をはいて、這いつくばるように歩くのはけっこう骨が折れる。
kaeru

 この時期御難なのは、おたまじゃくしだ。
 ぎりぎり蛙になりかかっている連中は運が良く、最後の水溜りでよりそうようになすすべも無くピチャピチャしているのは、確かにかわいそうだ。
 最近農薬の性能が良く、ピンポイントで狙った植物だけやっつけるようになってきたので、本当に小動物は死ななくなってきた。
 環境に敏感なトンボや蛙やドジョウは、自然界のバロメーターとして、非常に大切な存在である。
 勝手にバロメーターはないだろうと言われそうだが。
 かつては農薬を巻くと動く物は皆無になってしまった時期があったが、今はにぎやかなもんだ。
 切った溝に日陰を求めてまだ尻尾の付いたかわいい蛙が何匹もいた。

【2008/06/15 15:50】 | 日々是好日
トラックバック(0) |

No title
duca-me
うちのほうは窓を開けると蛙の大合唱中です(^^;)
この辺では溝を切るところまでは行きませんねぇ・・・>中干し

No title
ヘタレオヤヂ
地域によって微妙に時期がずれますよね。
あれ?duca-me さんも、農家なんですか?

No title
-
ばあちゃんちが専業農家なもんで、手伝ったりしてました(爆)>山ん中の棚田みたいな田んぼです(爆爆)

No title
duca-me
↑自分です(^^;)

No title
ヘタレオヤヂ
そーなんですか、それはそれは良い経験をお持ちですね。
スバラシー。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
うちのほうは窓を開けると蛙の大合唱中です(^^;)
この辺では溝を切るところまでは行きませんねぇ・・・>中干し
2008/06/15(Sun) 22:50 | URL  | duca-me #-[ 編集]
No title
地域によって微妙に時期がずれますよね。
あれ?duca-me さんも、農家なんですか?
2008/06/16(Mon) 10:21 | URL  | ヘタレオヤヂ #-[ 編集]
No title
ばあちゃんちが専業農家なもんで、手伝ったりしてました(爆)>山ん中の棚田みたいな田んぼです(爆爆)
2008/06/16(Mon) 11:27 | URL  |  #-[ 編集]
No title
↑自分です(^^;)
2008/06/16(Mon) 15:23 | URL  | duca-me #-[ 編集]
No title
そーなんですか、それはそれは良い経験をお持ちですね。
スバラシー。
2008/06/16(Mon) 20:53 | URL  | ヘタレオヤヂ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック