FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 正直、菅総理は何を言おうとやろうと、信用はできません。

 今回の浜岡原発停止要請は、内容的には共感できる部分が大半ですが、「このヤロー、痛い所を突いて来やがったな」と言うところが本音ですね。

 福島第一原発の問題を逆手に、経済的な配慮を考えず、根回しも無い割には「熟慮を重ねて」等と冠を付けて事実上の「圧力」を中部電力に掛け、社民党福島瑞穂の国会質問にそのまんま答えた格好にし、更には反原発に大きく傾く世論を味方につけて延命を図ろうという、なんとまあ姑息なやり口なんですな。

 明日からの「菅降ろし」の動きにも影響があるのかもしれません。

 内閣不信任案が与党から出るのか、出たら出たで可決させられるのか?
 万が一否決となれば菅内閣は信任されたという事になり、ますます独裁振りを深める結果になってしまう。

 こんな焼け太り内閣で果たして良いのか?
 もはや国民の立場では時間が過ぎるのを待つしかないのか?

 こまった問題であります。

 静岡・浜岡原発:停止要請 電力各社、波及警戒 東電、夏の需給にも影響

 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110508ddm008040064000c.html

 しっぺ返し確実?菅首相、危険な賭け…経済失速の懸念も

 http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110507/plt1105071510001-n1.htm

 追記

 なんと、米国の圧力だったそうな。

 

 なんなんだろうねー。

 日本人が日本人の脳味噌で考えて、原子力発電所に対してきっちり答えを出して行きたいものだなー。

 私は期限を切れないが、あくまで原発はリリーフピッチャーみたいな物で、近い将来安全安心な発電方法が必ず開発される物と信じていますね。



【2011/05/08 08:31】 | 反民主
トラックバック(0) |

これでは困ります
シンケン
呆れた事実発覚!福島第一原発は東電の都合でわざわざ高台を25メートル削って建設されていた

福島第一 35メートル高台に計画 

≪東日本大震災で15メートルの大津波に襲われた福島第一原発の立地場所が、
四十年以上前は海抜35メートルの台地だったことが、
建設当時に東京電力が国に提出した資料などで分かった。東電は、
地盤強度や原子炉を冷やす海水の取り入れやすさを考慮した結果、
地表から25メートルも土を削って原発を建設。
計画に携わった元東電幹部は「違う建て方もあった」と、
津波対策を軽視してきたことを認めた。≫

「地盤が弱かったので、岩盤層までまで掘り下げる必要があった」
などと言い訳をしているが、
それを認めれば「立地条件そのものが間違いだった」ということになる。
最初から安全軽視だったのである。
更に驚くべき情報もある。
今後M8クラスの余震が想定されているにもかかわらず、
その対策を全くやっていないとのことである。
そう主張しているのは当の福島第一原発所長だ。
所長は国や東電に津波対策を再三要望しているのに、
「反応はない」とのことである。
また、5号機・6号機に地下水が入り込み建屋内の
水位が危機的状況なのにもかかわらず、
国には排水許可を出さないらしい。
「地下水なので放射能にはほとんど汚染されていない水」とのことである。
「垂れ流すと外国がうるさいし、漁業関係者が騒ぐから」
というのが国が許可しない理由らしい。

他のブログから。

大失言!【原発儲かる】原子力安全委員長 【最後は金】2005年班目
http://www.youtube.com/watch?v=zKwOxJuMhPs

原子力発電所「安心なんかできるわけないじゃないですか。あんな不気味なもの」

「小佐古氏が何に憤慨しているか分からない」班目原子力安全委員長
産経新聞 5月2日(月)23時1分配信
 福島第1原発の事故を受け、
文部科学省が定めた校庭の利用基準
「年間被曝(ひばく)線量20ミリシーベルト以下」をめぐって
与党内からも見直し論が出る中、
政府の原子力安-全委員会(班目春樹委員長)は2日、
定例会議を開いたが、同問題はまったく議題とならなかった。
また、政府の対応を批判した小佐古敏荘(こさこ・としそう)
東大大学院教授-の内閣官房参与辞任について、
班目委員長は会議終了後、「新聞報道しか知らないが、
正直に言って小佐古氏が何に憤慨しているのかわからない」と述べた。

班目春樹は困った奴です。


桜吹雪
どう考えても人気取りにしか感じないですよ。中部電力に停止を提言したのが、菅が会見する40分前だというから呆れます。代替え電力も考えず意見など「政府」のすることではないです。
原発止めてトヨタが弱って喜ぶ国は多いですよ。原発が危険なのは扱う側が無能だからです。


ヤマ親爺
シンケンさん、桜吹雪さん、ありがとうございます。

色んな諸問題が浮き彫り・・という事になって来ていますが、被災された方々の命やお気持ちが無駄にならないようにしてもらいたいものです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
これでは困ります
呆れた事実発覚!福島第一原発は東電の都合でわざわざ高台を25メートル削って建設されていた

福島第一 35メートル高台に計画 

≪東日本大震災で15メートルの大津波に襲われた福島第一原発の立地場所が、
四十年以上前は海抜35メートルの台地だったことが、
建設当時に東京電力が国に提出した資料などで分かった。東電は、
地盤強度や原子炉を冷やす海水の取り入れやすさを考慮した結果、
地表から25メートルも土を削って原発を建設。
計画に携わった元東電幹部は「違う建て方もあった」と、
津波対策を軽視してきたことを認めた。≫

「地盤が弱かったので、岩盤層までまで掘り下げる必要があった」
などと言い訳をしているが、
それを認めれば「立地条件そのものが間違いだった」ということになる。
最初から安全軽視だったのである。
更に驚くべき情報もある。
今後M8クラスの余震が想定されているにもかかわらず、
その対策を全くやっていないとのことである。
そう主張しているのは当の福島第一原発所長だ。
所長は国や東電に津波対策を再三要望しているのに、
「反応はない」とのことである。
また、5号機・6号機に地下水が入り込み建屋内の
水位が危機的状況なのにもかかわらず、
国には排水許可を出さないらしい。
「地下水なので放射能にはほとんど汚染されていない水」とのことである。
「垂れ流すと外国がうるさいし、漁業関係者が騒ぐから」
というのが国が許可しない理由らしい。

他のブログから。

大失言!【原発儲かる】原子力安全委員長 【最後は金】2005年班目
http://www.youtube.com/watch?v=zKwOxJuMhPs

原子力発電所「安心なんかできるわけないじゃないですか。あんな不気味なもの」

「小佐古氏が何に憤慨しているか分からない」班目原子力安全委員長
産経新聞 5月2日(月)23時1分配信
 福島第1原発の事故を受け、
文部科学省が定めた校庭の利用基準
「年間被曝(ひばく)線量20ミリシーベルト以下」をめぐって
与党内からも見直し論が出る中、
政府の原子力安-全委員会(班目春樹委員長)は2日、
定例会議を開いたが、同問題はまったく議題とならなかった。
また、政府の対応を批判した小佐古敏荘(こさこ・としそう)
東大大学院教授-の内閣官房参与辞任について、
班目委員長は会議終了後、「新聞報道しか知らないが、
正直に言って小佐古氏が何に憤慨しているのかわからない」と述べた。

班目春樹は困った奴です。
2011/05/08(Sun) 18:41 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
どう考えても人気取りにしか感じないですよ。中部電力に停止を提言したのが、菅が会見する40分前だというから呆れます。代替え電力も考えず意見など「政府」のすることではないです。
原発止めてトヨタが弱って喜ぶ国は多いですよ。原発が危険なのは扱う側が無能だからです。
2011/05/09(Mon) 01:22 | URL  | 桜吹雪 #-[ 編集]
シンケンさん、桜吹雪さん、ありがとうございます。

色んな諸問題が浮き彫り・・という事になって来ていますが、被災された方々の命やお気持ちが無駄にならないようにしてもらいたいものです。
2011/05/10(Tue) 13:43 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック