FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 そりゃ~無いだろう~~~~。

 と私は思うのだが、心の奥底に「海江田なんかに総理やらせるより、小沢の方が日本にとってなんぼかまし」という気持ちがあることを否定できない自分がいる。

 しかし、小沢の皇室に対する態度は許せませんな。やっぱ、売国民主党はダメよ。

 「真の目標は小沢首相」 元気なのは小鳩だけ 

 http://sankei.jp.msn.com/politics/topics/politics-14785-t1.htm
 
 与党よー、なんとかなんねいのかよー。

 自民党から女性総理とか、オレら大賛成なんだけどなー。

 koike

 
 どうあれ、担ぐには良いと思うけどな。 

 

【2011/08/28 11:47】 | 反民主
トラックバック(0) |

横浜市の小学校で福島県産の汚染牛出回る
シンケン
福島県浪江町の農家から、
国の基準値(規制値)を超す放射性セシウムを検出した
汚染牛229頭が出荷された問題で、
横浜市は24日、この内、
基準値を超えた汚染牛3頭の肉が市内で販売され、
内1頭が小学校給食に使われたと発表。
基準値を超えた汚染肉の給食使用が判明したのは市では初めての事。

市によると、3頭からは川崎市の検査で1キロ当たり
593~719ベクレル(基準値同500ベクレル)のセシウムを検出。
この内、719ベクレルが検出された牛の混ざった牛肉が、
5月13日に戸塚、泉、栄の3区で計16校の
児童約8千人の給食に使われたと言う。

松山市は19日、2学期から90の幼稚園・小学校、
市教委は7月15日、福島県産牛肉を給食で使わないことを決めていたが、
保護者から「野菜も東北産を使わないでほしい」との 声も上がっている。

福島原発事故、住民帰宅まで20年 政府が試算
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/08/20110828t61012.htm

細野豪志原発事故担当相は27日、
福島第1原発事故で放射性物質に
汚染された地域のうち、
年間の積算被ばく線量が
150ミリシーベルトと推測される地域では、
線量が低下して避難住民が帰宅できるまで、
20年程度かかる可能性があるとの
政府の試算結果を明らかにした。
福島市で開かれた「福島復興再生協議会」で説明した。
政府は、除染などを行わないと仮定し、
帰宅の目安となる「年20ミリシーベルト以下」
になるまでの期間を求めた。
セシウム137、134の時間経過による減衰や、
風雨で地表面から消えることを評価した結果、
帰宅までの期間は、
年間100ミリシーベルトの地域は10年程度、
50ミリシーベルトの地域は4年程度となる。
政府が26日に公表した除染の基本方針では、
今後2年間で、線量を自然現象で40%、
除染で10~20%低減する目標を盛り込んでいる。
50ミリシーベルト以下の試算結果を示したが、
高線量の場所の試算は明らかにしていなかった。
細野氏は「150ミリシーベルトの場所では、
何もしなければ(避難した住民の帰宅までに)20年かかる。
除染によってどれだけ前倒しできるか。
大変な挑戦だが、
やり切らないといけない」と強調した。
その一方で細野氏は
「長期間、帰宅が難しい人が出る
現実も直視しなければいけない。
住宅や仕事の問題を抱えることになり、
長期的な対策として、
新たな立法措置が必要になる」との考えを示した。

記事から。

チェルノブイリは25年間たっても済めない状態ですし、
範囲が広いので除染断念したそうです。
現実は福島も除染は難しいでしょう。


ヤマ親爺
ラジウムやトロン温泉とかありますよね。
ああいうのとどう毒性が違うのか、しっかり言える学者もいないのよね。
(いても誰も見向きもしない世の中って、いやですね)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
横浜市の小学校で福島県産の汚染牛出回る
福島県浪江町の農家から、
国の基準値(規制値)を超す放射性セシウムを検出した
汚染牛229頭が出荷された問題で、
横浜市は24日、この内、
基準値を超えた汚染牛3頭の肉が市内で販売され、
内1頭が小学校給食に使われたと発表。
基準値を超えた汚染肉の給食使用が判明したのは市では初めての事。

市によると、3頭からは川崎市の検査で1キロ当たり
593~719ベクレル(基準値同500ベクレル)のセシウムを検出。
この内、719ベクレルが検出された牛の混ざった牛肉が、
5月13日に戸塚、泉、栄の3区で計16校の
児童約8千人の給食に使われたと言う。

松山市は19日、2学期から90の幼稚園・小学校、
市教委は7月15日、福島県産牛肉を給食で使わないことを決めていたが、
保護者から「野菜も東北産を使わないでほしい」との 声も上がっている。

福島原発事故、住民帰宅まで20年 政府が試算
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/08/20110828t61012.htm

細野豪志原発事故担当相は27日、
福島第1原発事故で放射性物質に
汚染された地域のうち、
年間の積算被ばく線量が
150ミリシーベルトと推測される地域では、
線量が低下して避難住民が帰宅できるまで、
20年程度かかる可能性があるとの
政府の試算結果を明らかにした。
福島市で開かれた「福島復興再生協議会」で説明した。
政府は、除染などを行わないと仮定し、
帰宅の目安となる「年20ミリシーベルト以下」
になるまでの期間を求めた。
セシウム137、134の時間経過による減衰や、
風雨で地表面から消えることを評価した結果、
帰宅までの期間は、
年間100ミリシーベルトの地域は10年程度、
50ミリシーベルトの地域は4年程度となる。
政府が26日に公表した除染の基本方針では、
今後2年間で、線量を自然現象で40%、
除染で10~20%低減する目標を盛り込んでいる。
50ミリシーベルト以下の試算結果を示したが、
高線量の場所の試算は明らかにしていなかった。
細野氏は「150ミリシーベルトの場所では、
何もしなければ(避難した住民の帰宅までに)20年かかる。
除染によってどれだけ前倒しできるか。
大変な挑戦だが、
やり切らないといけない」と強調した。
その一方で細野氏は
「長期間、帰宅が難しい人が出る
現実も直視しなければいけない。
住宅や仕事の問題を抱えることになり、
長期的な対策として、
新たな立法措置が必要になる」との考えを示した。

記事から。

チェルノブイリは25年間たっても済めない状態ですし、
範囲が広いので除染断念したそうです。
現実は福島も除染は難しいでしょう。
2011/08/28(Sun) 21:14 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
ラジウムやトロン温泉とかありますよね。
ああいうのとどう毒性が違うのか、しっかり言える学者もいないのよね。
(いても誰も見向きもしない世の中って、いやですね)
2011/08/29(Mon) 18:18 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック