FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 日本経済を救う道は「デフレ脱却・景気回復」の二つしかない。

 今回自分の地域で被災して、なおの事よく解った。

 今地域は、土木を中心とした業者はてんてこ舞いだ。
 そして次に、一般建築業者の出番が来るし、付随した納入業者や、地元のサービス業も人の出入りと共に忙しくなる。

 何しろ何もなかった所に巨大な需要が発生した訳だもんな。

 待てよそれって、「持続可能な経済社会」なのではないか?

 図らずも、理想論者の唱える「持続可能な社会」とは、我が国では災害によってもたらされてきているのか?

 もう一つ、「無くなってしまった」物を取り戻す復興財源に、「今あるもの」を使う必要なんてないんじゃないか?

 新たに印刷した札びらでもって無くした穴を塞げば良いだけの事だ。
 早い話が「国債日銀引き受け」だ。
 市場には出ず、日銀の金庫に国債が収まり、札びらだけが国内に流通することになる。
 当然円高対策にもなる。

 なんかエラソーな経済学者が「愚か者の理論」とこき下ろしたが、じゃこの二人も愚か者か?

 

 想像力の欠如のあまり、縮こまって「財政規律」しか唱えられない今の日本のトップ達には、到底わからない事なのか?

 野田新総理のどうしょうもなくダメな部分は間違いなくここだな。
 前原、海江田なんかよりはまともだが、まともな分命が長いとしたら、結果お国の為にはならないことになる。











【2011/08/30 10:02】 | 大切な日本
トラックバック(0) |

福島市などのユズ出荷停止
シンケン
福島市、南相馬などのユズ出荷停止、南足柄の茶葉は解除
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110829-OYT1T00951.htm

政府は29日、福島市産と福島県南相馬市産のユズについて、
暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を
上回る放射性セシウムが検出されたことから、
出荷停止を同県知事に指示した。ユズの出荷停止は初めて。

厚生労働省によると、24日に採取されたユズで、
福島市産では680~760ベクレル、
南相馬市産からは830~2400ベクレルが検出された。

また、政府は29日、神奈川県南足柄市産の茶葉について、
6月2日から続いていた出荷停止措置を解除した。
茶葉は現在、茨城県全域と関東4県の一部市町村で
出荷が停止されているが、解除は今回が初めて。

解禁目前に…前橋のワカサギから規制超セシウム
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110829-OYT1T01040.htm

群馬県は29日、前橋市富士見町の赤城山山頂にある大沼のワカサギから、
国の暫定規制値(1キロ・グラム当たり500ベクレル)を超える
640ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。

9月1日の解禁を前に、県は赤城大沼漁業協同組合に対し、
ワカサギのほか食用のウグイやコイ、マス類の捕獲自粛を要請した。

群馬県内では大沼を含む17の湖沼でワカサギ釣りが行われており、
県は、ほかの16の湖沼を管理する漁協などに対しても捕獲自粛を要請し、
早急に検査する方針。大沼については約2週間ごとに行う
検査で3回連続で規制値を下回れば、自粛要請を解除する。

記事から。

菅直人を擁護するわけではないですが、
菅直人が福島は30年住めなくなると発言した、
もしくは原発事故の状態では30年住めなくなるのではと、
発言した時にマスコミも世間も一斉に叩いたけど、
俺には理解不能でしたね、
何故?当たり前なまともの事を言って叩かれなければいけないのか?
叩いた福島県民と世間とマスコミも反省をするべきです。

原発処理をなんとかしないと東日本の食べ物が、
食べられなくなり食料危機がくるかもしいれません。


ヤマ親爺
シンケンさん、一生懸命なのは解りますが、もちっと記事に即応したコメントだとこちらもありがたいのですがね。
福島の地に30年住めなくなるなんて言う事を根拠もなく菅直人だから、結局誰も相手にしなくなるのですよ。
もし本当に事実だったとしても、その検証はまだまだ先のこと。
知ったか振りの総理大臣なんて問題外です。
アルマゲドン唱えるアサハラみたいなものですよ。
「当たり前なまともの事」では現段階ではありませんな。

もっと現実を
シンケン
東京都世田谷区の子供の尿から、
セイシウム放射能が確認され、
内部被爆していることが解りました。

>その検証はまだまだ先のこと。
>「当たり前なまともの事」では現段階ではありませんな。

それでは遅いでしょうしチェルノブイリと比べても政府の対応も遅いですし、
政府も国民も現実から逃げているだけで考えが甘いと思いいます。

福島には絶対に住めないし、
食べ物も作れないと考えるのが当然だと思いますし、
不評被害だと逃げる事は絶対に許されません。



-
確かにシンケンさんのおっしゃるとおりかもしれません。
セシウムの毒性の検証も含めて、大陸から偏西風に乗って流れてくる放射性物質等、まだまだわからない部分が大きいことと、心を痛めて自ら命を絶つ人々が増える方がよほど怖い・・とか。
複合的なマイナス因子には私は楽観的になりたいなと思っているだけで・・。
もし間違っていたとしても、その時は従容と受け入れたいものですな。

しつこくてすみません
シンケン
今朝の読売新聞を見て知りました。
福島県浪江町の漁協代表者の記事がありました。
原発が出来てから原子炉を増設する度に、
122億円の漁業補償、
住民1人に対して数千万円のお金が国から貰えたそうです。
そのお金で豪遊する人が溢れたと・・・
例えば5人家族なら、
億の単位でお金が何もしなくても貰えた計算です。
その記事に出ていた人の話では
「被爆国が作る原発は絶対に安全だ!」と思っていたそうです。
やはり、人間ってお金を積まれると
こんなにも考え方が甘くなるんでしょうか??
確かに仕事上で付き合いのあった
原発近くに住んでいた人の家は
物凄い豪邸で車はベンツが3台あり、
昆布を干すのにベンツで出かけていました。
今朝の新聞を読んで、
今までありえないほどのお金で豪遊して来た人が、
原発で潤って来た人々が保証金をよこせ!家を返せ!
仕事を早くよこせ!と叫んでいるのを見て正直、がっかりしました。
皆さん、どう感じますか?

あるブログから。

原発マネーで踊らされた

福島第一原発での保証金は1965年頃、
最初の支払いで200万円以上が入り、
10年後第2原発での保証金は1000万円余りで、
船のエンジンの謝金を返した。

福島第一原発7,8号機の増設に絡む保証金は、
総額122億円。
1人当たり数千万円が配分された。
新しい船を買い、自宅を増改築した。
家を新築した人も多く漁が終わると
繁華街までタクシーを飛ばし、
飲み歩く漁師たちの姿がよく見られるようになった。

読売新聞から。
8月14日の新聞から。

彼らが保障を求める事は可笑しいと思いますし、
他の原発事故が起きてもお金を貰っている人達、
保障を求める事は可笑しいと思います。
「貰っても彼らは減額がするべきかなとも思います」
100歳のお祝い金に100万円が出るなんて異常なことです。


ヤマ親爺
人間なんてそんなもんかもしれません。
私だって、会社が危なくなれば合法ならどんな金でも手を出してしまうかもしれません。
それはどうしても守らなきゃならないものがあるのも理由の一つですが、いくら金があってもベンツは買わないな。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
福島市などのユズ出荷停止
福島市、南相馬などのユズ出荷停止、南足柄の茶葉は解除
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110829-OYT1T00951.htm

政府は29日、福島市産と福島県南相馬市産のユズについて、
暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を
上回る放射性セシウムが検出されたことから、
出荷停止を同県知事に指示した。ユズの出荷停止は初めて。

厚生労働省によると、24日に採取されたユズで、
福島市産では680~760ベクレル、
南相馬市産からは830~2400ベクレルが検出された。

また、政府は29日、神奈川県南足柄市産の茶葉について、
6月2日から続いていた出荷停止措置を解除した。
茶葉は現在、茨城県全域と関東4県の一部市町村で
出荷が停止されているが、解除は今回が初めて。

解禁目前に…前橋のワカサギから規制超セシウム
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110829-OYT1T01040.htm

群馬県は29日、前橋市富士見町の赤城山山頂にある大沼のワカサギから、
国の暫定規制値(1キロ・グラム当たり500ベクレル)を超える
640ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。

9月1日の解禁を前に、県は赤城大沼漁業協同組合に対し、
ワカサギのほか食用のウグイやコイ、マス類の捕獲自粛を要請した。

群馬県内では大沼を含む17の湖沼でワカサギ釣りが行われており、
県は、ほかの16の湖沼を管理する漁協などに対しても捕獲自粛を要請し、
早急に検査する方針。大沼については約2週間ごとに行う
検査で3回連続で規制値を下回れば、自粛要請を解除する。

記事から。

菅直人を擁護するわけではないですが、
菅直人が福島は30年住めなくなると発言した、
もしくは原発事故の状態では30年住めなくなるのではと、
発言した時にマスコミも世間も一斉に叩いたけど、
俺には理解不能でしたね、
何故?当たり前なまともの事を言って叩かれなければいけないのか?
叩いた福島県民と世間とマスコミも反省をするべきです。

原発処理をなんとかしないと東日本の食べ物が、
食べられなくなり食料危機がくるかもしいれません。
2011/08/30(Tue) 20:47 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
シンケンさん、一生懸命なのは解りますが、もちっと記事に即応したコメントだとこちらもありがたいのですがね。
福島の地に30年住めなくなるなんて言う事を根拠もなく菅直人だから、結局誰も相手にしなくなるのですよ。
もし本当に事実だったとしても、その検証はまだまだ先のこと。
知ったか振りの総理大臣なんて問題外です。
アルマゲドン唱えるアサハラみたいなものですよ。
「当たり前なまともの事」では現段階ではありませんな。
2011/08/30(Tue) 22:40 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
もっと現実を
東京都世田谷区の子供の尿から、
セイシウム放射能が確認され、
内部被爆していることが解りました。

>その検証はまだまだ先のこと。
>「当たり前なまともの事」では現段階ではありませんな。

それでは遅いでしょうしチェルノブイリと比べても政府の対応も遅いですし、
政府も国民も現実から逃げているだけで考えが甘いと思いいます。

福島には絶対に住めないし、
食べ物も作れないと考えるのが当然だと思いますし、
不評被害だと逃げる事は絶対に許されません。
2011/08/31(Wed) 20:35 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
確かにシンケンさんのおっしゃるとおりかもしれません。
セシウムの毒性の検証も含めて、大陸から偏西風に乗って流れてくる放射性物質等、まだまだわからない部分が大きいことと、心を痛めて自ら命を絶つ人々が増える方がよほど怖い・・とか。
複合的なマイナス因子には私は楽観的になりたいなと思っているだけで・・。
もし間違っていたとしても、その時は従容と受け入れたいものですな。
2011/08/31(Wed) 21:46 | URL  |  #-[ 編集]
しつこくてすみません
今朝の読売新聞を見て知りました。
福島県浪江町の漁協代表者の記事がありました。
原発が出来てから原子炉を増設する度に、
122億円の漁業補償、
住民1人に対して数千万円のお金が国から貰えたそうです。
そのお金で豪遊する人が溢れたと・・・
例えば5人家族なら、
億の単位でお金が何もしなくても貰えた計算です。
その記事に出ていた人の話では
「被爆国が作る原発は絶対に安全だ!」と思っていたそうです。
やはり、人間ってお金を積まれると
こんなにも考え方が甘くなるんでしょうか??
確かに仕事上で付き合いのあった
原発近くに住んでいた人の家は
物凄い豪邸で車はベンツが3台あり、
昆布を干すのにベンツで出かけていました。
今朝の新聞を読んで、
今までありえないほどのお金で豪遊して来た人が、
原発で潤って来た人々が保証金をよこせ!家を返せ!
仕事を早くよこせ!と叫んでいるのを見て正直、がっかりしました。
皆さん、どう感じますか?

あるブログから。

原発マネーで踊らされた

福島第一原発での保証金は1965年頃、
最初の支払いで200万円以上が入り、
10年後第2原発での保証金は1000万円余りで、
船のエンジンの謝金を返した。

福島第一原発7,8号機の増設に絡む保証金は、
総額122億円。
1人当たり数千万円が配分された。
新しい船を買い、自宅を増改築した。
家を新築した人も多く漁が終わると
繁華街までタクシーを飛ばし、
飲み歩く漁師たちの姿がよく見られるようになった。

読売新聞から。
8月14日の新聞から。

彼らが保障を求める事は可笑しいと思いますし、
他の原発事故が起きてもお金を貰っている人達、
保障を求める事は可笑しいと思います。
「貰っても彼らは減額がするべきかなとも思います」
100歳のお祝い金に100万円が出るなんて異常なことです。
2011/08/31(Wed) 22:19 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
人間なんてそんなもんかもしれません。
私だって、会社が危なくなれば合法ならどんな金でも手を出してしまうかもしれません。
それはどうしても守らなきゃならないものがあるのも理由の一つですが、いくら金があってもベンツは買わないな。
2011/09/02(Fri) 13:28 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック