FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 バブル期後間違いなく日本の経済は世界とは逆に収縮しっぱなしである。
 よほど日銀はこりたんだろうな。

 そして「羹にこりて膾を吹く」がごとく、長年に渡ってマネタリーベースを上げないでいる。

 それを野放しにしている極めて頭の悪い政府は、事もあろうに収縮に拍車を掛ける政策を打ち出そうとしている。

 私は暮らして行ければ「清貧」は好きだが、借金は返していかねばならないし、子供達まで清貧を貫けとは言えない。

 ましてやこの不景気による地方の疲弊は、放っておけば惨憺たる状態になっていくだろう。

 それらの対策に充てる財源がないから増税しなければならないと言うのが、現政府の考えだ。

 タコが自分の足を食い尽くす様に似ている。
 足を成長させる要素が絶対必要なのだ。

 蛸壺増税論とでも名付けようか。

 世界経済は膨張している。新たに金の鉱脈が発見された訳でもないのにだ。
 かつての富は「収奪」によって得られたが、現代社会の富は「信用」によって得られる。
 そこに考えが至らないからこの体たらくなのだ。


 西田氏の話を聞くたびに現政府の馬鹿っぷりが見えてくる。

 



 

【2012/03/17 11:04】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック