FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 なんなんすか?

 もー勘弁してくださいよ。

 いーから、俺らが生きているうちにちゃっちゃとめど付けて下さいよ。

 たのんますよ。

 こんなすげー話ばっかり見せつけられても、実感ゼロじゃ何にもなんないでしょ?

 政府!ごるぁ! おメーラの仕事だっつーてんの!

 しかし、本格的な話になってくれば原発なんておっかないのはすぐにでもやめちまって、んで増税なんか当然必要もなくなっちまう・・。
  なにしろ東シナ海のガス田と合わせれば4京円(言い方慣れてないので実感なし)て、今の政府の借金の40倍?
 税金すら要らない国になってもおかしくない・・。

 
 こんな話が、何で他国から・・・。

 エネルギー革命を成し遂げるのは日本か?

 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1713354.html

 この前の・・。

 http://hirotaka2235.blog35.fc2.com/blog-entry-2506.html

【2012/05/21 05:16】 | 経済
トラックバック(0) |

お怒りの気持ち、同感です!
nonaka
はじめまして、野中靖之と申します。
ブログ名が、美味しそうな名前で面白そうでしたのでお邪魔致しました。

>政府!ごるぁ! おメーラの仕事だっつーてんの!
ほんと、政府、行政ってのは動きが遅いですね。
雪見屋本舗さんのおっしゃると通りお怒りの気持ち解ります。
「東シナ海のガス田」もしかり、北海道夕張市での天然ガス(炭層メタン)も縦割り行政の壁が問題になってるみたいです。
原発依存から脱却して安心した生活が送れるようになって欲しいですね。

記事更新楽しみにしております。ありがとうございました。


duca-me
まずは周辺国の侵入を許さない強固な守備力が必要ですねぇ(チラ


ヤマ親爺
nonakaさん、いらっしゃいませ。
縦割り行政の弊害て、笑っちゃうぐらいトップに存在するはずの政治家が働いていない証拠ですよね。
私もいろんな場面で出くわして、嫌んなっちゃいます。
カメさん、お久です。
そうですねー。
まずは、これらの莫大も無い資源を守るための国防費は、相当強力な物を、しかも長期であてがわなければなりませんよね。
最低でも50兆円規模、今の倍ぐらいはあっても良いんじゃないでしょうか。
それだけでもGDPを引き上げる十分なエンジンですよ。
そして安全保障をしっかり担保して、開発に、更にん十兆を掛ければ、一気に世界最大の資源国家の誕生です。
国家資産だけでもこのぐらいはできるはずです。
間違いなく見返りがある訳ですから、嫌も応もないですよね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お怒りの気持ち、同感です!
はじめまして、野中靖之と申します。
ブログ名が、美味しそうな名前で面白そうでしたのでお邪魔致しました。

>政府!ごるぁ! おメーラの仕事だっつーてんの!
ほんと、政府、行政ってのは動きが遅いですね。
雪見屋本舗さんのおっしゃると通りお怒りの気持ち解ります。
「東シナ海のガス田」もしかり、北海道夕張市での天然ガス(炭層メタン)も縦割り行政の壁が問題になってるみたいです。
原発依存から脱却して安心した生活が送れるようになって欲しいですね。

記事更新楽しみにしております。ありがとうございました。
2012/05/21(Mon) 19:58 | URL  | nonaka #jrTA9SgE[ 編集]
まずは周辺国の侵入を許さない強固な守備力が必要ですねぇ(チラ
2012/05/21(Mon) 22:15 | URL  | duca-me #-[ 編集]
nonakaさん、いらっしゃいませ。
縦割り行政の弊害て、笑っちゃうぐらいトップに存在するはずの政治家が働いていない証拠ですよね。
私もいろんな場面で出くわして、嫌んなっちゃいます。
カメさん、お久です。
そうですねー。
まずは、これらの莫大も無い資源を守るための国防費は、相当強力な物を、しかも長期であてがわなければなりませんよね。
最低でも50兆円規模、今の倍ぐらいはあっても良いんじゃないでしょうか。
それだけでもGDPを引き上げる十分なエンジンですよ。
そして安全保障をしっかり担保して、開発に、更にん十兆を掛ければ、一気に世界最大の資源国家の誕生です。
国家資産だけでもこのぐらいはできるはずです。
間違いなく見返りがある訳ですから、嫌も応もないですよね。
2012/05/22(Tue) 09:24 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック