FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 ビジョンの、全く、これっぽっちも見えない輿石幹事長。(こんな何にもできない老害を後生大事に幹事長に据えているんだから気がしれない)

 「臨時国会なんかゆっくりやればいい」

 信じられますかこの言葉。
 公債特例法が通らなければ給与すら支払われない事態が生じる訳です。
 そういう具体的な事例と言うのはニュースバリューも大きいですから政府にとっては大けがになりますよね。
 (ていうか、国民が苦しむ事になる事の方が重大だよな)
 ま、首相ともなれば、そこは責任感の多少でも存在しますので、幹事長呼び付けて「臨時国会速やかに開催」の指示が出たと言う事です。

 国政の運営は霞が関にホン投げて、何もしないで年の明けるのを狙っていた輿石も、こんどこそどうやら覚悟を決めたか。(民主党の瓦解の覚悟ということですな)

 されば、臨時国会で特例公債法を含むいくつかの法案を通し、与野党納得ずくの「思いで作り解散」となって、投票日は大安吉日の12月9日・・・と相成る・・・か!!


 



【2012/10/17 08:01】 | 反民主
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック