FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 NHKの番組、日本が世界一の債権国家だというのは番組途中で出てくるが、全体のイメージは、世界最高の借金国家だという印象だ。

 断片的な編集で、ちょっと前の私みたいなのが簡単に騙されるような内容に出来上がっている。
 (おい!その頭をもっと有効な方へ使え!)

 

 日本国債は90%が国内消費であり、それを購入者が資産として保有し、最低金利であっても売ろうとしない。(ローリスクローリターン)もし金利が上がればその分儲けは大きくなる。

 政府の債務と、市井にある資産としての国債はバランスが取れていて、他に海外に500兆円を超えると言われる債権を保有している、世界一の金持ちの国だ。

 政府が発行している国債と、その子会社の日銀が発行している日銀券(とはいえデジタル化しているから数字だけ)のバランスが悪いというだけの、言わばインサイダーな問題が取り沙汰されているという事である。

 大方の心配事は、市井の金融機関の預貯金高が国債の発行高を下回るのが、国債の暴落の引き金になる可能性があると言うのだな。
 そうなった時に、新たな国債発行による資金確保ができなくなり、金利ですら払えなくなると言うのがデフォルトなんだそうだ。

 でも、市場では国債を売る事ができないにしても、法改正が必要だが、まだ国債の日銀直接買い入れ(内輪でやってろ!)という手段だってないわけじゃない。

 しかし、それは最後の手段であって、大切なのは、真の国力の発露により内需の拡大と、安定した政府により国家の信用度を高めること、今借金をしてでも社会インフラ等を充実させ、流通する通貨量を増やし、適正な税収を得て、持続可能な国家運営ができるようにする事しかないんだろうな。

 いわゆる分母を大きくする、経済拡大、GDPを上げる事しかないってぇこった。
 実際は、20年前のバブル崩壊直後からやらなければならなかった事を全然やってこなかった事が大きな問題なんだ。

 この番組は、そこから目をそらせるための番組だ。

 終わり頃に出てくる「入るを量りで出るを制す」のは、今の日本には当てはまらないが、その方向に動く曲線さえ描ければ、国家の寿命を考えた時、何も問題はないと言える。


 

【2012/12/26 12:02】 | マスコミ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック