FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 理事会刷新して難局を乗り切ろうと言う矢先に、なんとも自覚の無い横綱だろうね。
 いくら本音でありたいとは言え、ルール無視はお話になりません。
 強ければ良いが、勝つ為には手段を選ばないでは、横綱とは言えません。
 品格を語る以前に人間性を疑いますね。
 少しは成長したのかと思っていましたが、あれが横綱で、昨日のような酷い相撲をとっていたら、当然ファンは引いて行きます。
 
 今相撲界に求められているのは、正にその部分なんですが、解らんのかねぇ~

 引用です。
朝青龍、手つき不十分のフライングで辛勝 連敗免れたが…
2008.9.17 20:28  産経ニュース

このニュースのトピックス:朝青龍

 大相撲9月場所・4日目 朝青龍ー稀勢の里 今日は左手をつかないで立つ朝青龍(右)=両国国技館(撮影・千村安雄) 勝つためには、なりふり構っていられないのか。大相撲秋場所4日目で、前日黒星の朝青龍が“禁じ手”を繰り出した。相手は今年1勝2敗と負け越している稀勢の里。「立ち合いだけが勝負だった」。手つきが厳格化された立ち合いで、左手をつかずに立った。

 朝青龍の手つき不十分の立ち合いは、先場所までにも指摘されていた。しかし、土俵下で見守った貴乃花審判部副部長(元横綱貴乃花)は待ったをかけず、勝負は成立した。同副部長は「そんなことはありません」と手つき不十分との見方を否定したが、テレビを見ていた武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)が「あれは止めないといけない」と断言したほど、左手と土俵は離れていた。

 フライング気味に立って頭で当たり、左ののど輪で押し上げたのはいいが、押し切れずにたまらず引き技。うまく回り込んで寄り切ったものの、白星を拾ったとの印象は否めない。先場所途中休場の原因となった左ひじには、前日までにはなかったテーピングが施されており、取組を終えた支度部屋で盛んに左ひじをさする姿は痛々しい。

 「反則」といってもいい立ち合いには、心身の苦境が表れている。4日目終えての1敗は、途中休場した先場所と同ペース。横綱が2場所連続休場となれば、進退問題が浮上してもおかしくない。進退問題と背中合わせの土俵で、朝青龍は明らかに焦っている。(奥山次郎)

【2008/09/18 07:55】 | スポーツ
トラックバック(0) |

No title
duca-me
相撲界もモラルの低下から抜け出せてませんねぇ・・・(ー_ー;)

No title
おっさん
あの、健康バカの、運動バカ(失礼差別意識当然で書いてます)
の連中に、国技たる理念なんか説けるはず無いのよ。(失礼承知で書いてますが)
民間登用もいかがなもんか??。
成り行き次第ですねー。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
相撲界もモラルの低下から抜け出せてませんねぇ・・・(ー_ー;)
2008/09/18(Thu) 17:25 | URL  | duca-me #-[ 編集]
No title
あの、健康バカの、運動バカ(失礼差別意識当然で書いてます)
の連中に、国技たる理念なんか説けるはず無いのよ。(失礼承知で書いてますが)
民間登用もいかがなもんか??。
成り行き次第ですねー。
2008/09/18(Thu) 23:01 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック