FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 一国の総理が、こんな恨み節をはいて辞任なんて、どう考えてもおかしいでしょう。
 官僚は本来、立法が決めたことを粛々と実行するための組織です。
 立法府や、主権たる国民の民意を無視した動きなどすることは絶対に出来ない事になっているはずなんですけどね。
 それがこの有様なんですね。

 いまや、与野党の対立軸では無いんです。
 肥大化して腐敗が進みすぎたこの官僚制度をどう見直すかというところなのに。
 宮崎駿のアニメに出てきそうな、頭でっかちで動きは悪いが顔を持たず、ずるがしこさに関しては史上に類を見ない組織が、眼に見えないように抵抗していると言う構図なんですね。   …(゚Д゚;lll)  

 与野党で足の引っ張り合いをしているヒマは無い!ってことです。

 総理にもっと権限を持たせる「大統領制」にすれば、こんな馬鹿な官僚は居なくなるとは思うんですがね。

「官僚を使いこなすのは大変だ」 福田前首相が最後の最後に恨み節 (1/2ページ)
2008.9.24 18:34   産経ニュース

このニュースのトピックス:自民党

衆院本会議が始まる前に福田前首相と話し込む麻生太郎首相=24日午後1時、国会(植村光貴撮影) 24日に首相官邸を去った福田康夫前首相は退任直前、1年間にわたり務めた首相としての悔悟と誇りを関係者に語った。悔やまれるのは、首相就任までに経験した閣僚が官房長官だけだったこと。誇りとするのは、「ポピュリズムに迎合しない政治を通した」ことだという。

 官房長官としては歴代最長となる1289日の在任日数を務め、中央省庁に強い影響力を示し、「影の外相」「影の防衛庁長官」ともいわれた。官僚には「お役人」と呼ぶほど大きな信頼を寄せていた。

 だが、年金記録紛失問題や後期高齢者医療制度への対応など「お役人」の相次ぐ不手際や怠慢に足を引っ張られた。9月1日の辞任表明後も、事故米不正転売をめぐる不手際から農水省のトップ2人の更迭を余儀なくされた。

 「官僚組織というものが官房長官では分からなかった。官僚を使いこなすのがいかに大変かが分かった。どこかの役所の大臣を経験した方がよかった」

 そう振り返った福田氏は内閣総辞職の談話で「国民目線」を重ねて強調し「これまでの政治や行政を根本から見直さなければならない」と訴えた。

 ただ、福田氏自らが「国民目線」を実践したかどうかは評価が分かれる。

 各報道機関の世論調査結果ではことごとく、福田氏の指導力・発信力不足が指摘されていた。24日の離任時も、官邸職員から花束を受け取るや、カメラを無視するように足早に官邸を去り、最後までパフォーマンスを封印した。

 だが、社会保障担当の首相補佐官だった伊藤達也元金融担当相は、「福田氏は厚労省改革で強い指導力をみせた」と評価する。その上で「手柄を全部われわれに与えようとする。『首相が前面に出られたらどうですか』と促しても『いいんだよ』としか言わない。目立とうとしない政治家は珍しい」と証言する。

 「国民目線の行政」の象徴と位置づけている公務員制度改革や消費者庁設置などが今後、実を結ぶかは不透明だ。ただ、パフォーマンスをことさら嫌わず、国民に直接語りかける場面がもっとあれば、別の「福田康夫像」が世論から作りあげられ、政権も持続させられたのではないだろうか。(今堀守通)

【2008/09/26 10:34】 | 時事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック