FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 久しぶりの「官僚社会主義」のカテゴリーです。

 何やら、安倍政府が動きがおかしい。

 ちょっと前の記事でも書いたが、移民を受け入れるための議論が始まったらしい。

 デフレ脱却の旗印のもと、ようやく一般労働者の賃金が上がる方向性の萌芽が見えて来た様な昨今だが、現実には全労働者の7割を占める中小企業にとって、まだまだ実感が伴わずあくまで「緒に就いた」と言う程度の話で、この4月からの消費増税によっては、それもかき消されてしまうのかもしれないという懸念が巷には満ち溢れている。

 そんな中、「国家百年の計」を掲げながら、減り続ける生産労働人口への手当として、莫大もない外国人労働者を受け入れる議論が始まったらしい。

 あの、竹中率いる経済諮問会議とか言う所でだ。

 しかし、竹中なんか、本当にデフレ脱却をやる気があるのかね?

 「ものつくり」等と盛んに言いながら、安いが質の悪い労働力を受け入れて労働賃金を低下させ、国際競争力は落ちるは、国内の消費動向も低下するじゃ、デフレ対策の真逆じゃね??

 だいたいこんな時は、ちょこっと頭の切れる官僚が、特定某の利益の為に絵図を書いているに違いないのだが。

 安倍総理はそれを見抜けないのか??

 



【2014/03/22 09:43】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |


ねむ太
こんにちは。西田議員の質問でもご存知だと思いますがそれまで使ってきた経済モデルをIMF形のモデルに変えデフレを加速させたのは竹中氏です。
竹中氏の商売、人材派遣業はデフレ下や移民などで賃金が下がり続けるほど利益は大きくなります。
人材派遣の労働者に日給7000円支払われるとすれば人材派遣の会社には14000円~15000円支払われます
派遣社員は傭兵と同じで契約が終われば、どこに派遣されるかわかりません。
企業としては重要な技術や内情を把握できる部署には配置できず単純労働に限定されてしまいます。
デフレ下で価格が下落し続け成長が見込めない時には都合がいいのですが、緩やかなインフレ状態で継続的な成長が見込めるようになれば社会保険・厚生年金・失業保険などを折半しても直接雇用をして人材育成したほうが得なのです。




ヤマ親爺
都会でお気楽やってた頃だったら、私も間違いなく派遣社員でしたね。十指に余る職業に就いた経験は、現在の仕事にいかんなく発揮されています。多様な職業経験はむしろプラスと考えていますが、派遣会社側って、はっきり言ってブローカーですよね。すごくいやらしいですな。やくざがやってた仕事ですからねぇ。竹中はなんであの地位にいるのか不思議でなりません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。西田議員の質問でもご存知だと思いますがそれまで使ってきた経済モデルをIMF形のモデルに変えデフレを加速させたのは竹中氏です。
竹中氏の商売、人材派遣業はデフレ下や移民などで賃金が下がり続けるほど利益は大きくなります。
人材派遣の労働者に日給7000円支払われるとすれば人材派遣の会社には14000円~15000円支払われます
派遣社員は傭兵と同じで契約が終われば、どこに派遣されるかわかりません。
企業としては重要な技術や内情を把握できる部署には配置できず単純労働に限定されてしまいます。
デフレ下で価格が下落し続け成長が見込めない時には都合がいいのですが、緩やかなインフレ状態で継続的な成長が見込めるようになれば社会保険・厚生年金・失業保険などを折半しても直接雇用をして人材育成したほうが得なのです。

2014/03/22(Sat) 14:50 | URL  | ねむ太 #t50BOgd.[ 編集]
都会でお気楽やってた頃だったら、私も間違いなく派遣社員でしたね。十指に余る職業に就いた経験は、現在の仕事にいかんなく発揮されています。多様な職業経験はむしろプラスと考えていますが、派遣会社側って、はっきり言ってブローカーですよね。すごくいやらしいですな。やくざがやってた仕事ですからねぇ。竹中はなんであの地位にいるのか不思議でなりません。
2014/03/23(Sun) 11:33 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック