FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 ま、パククネ同様、良識ある世界の人々はそう簡単には信用しないんだろうが・・。

 「南京で30万人虐殺」 日本名指し批判 中国主席、独で講演
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140329/chn14032908560001-n1.htm

 旧日本軍は、確かに怖かったんだなー。
 それは、かつての大戦の「大義」とかとは関係なく、平和を望む人々の心に澱の様に沈み込んでいるのかもしれない。

 宗教が違い、哲学が違う。
 統治システムが違い、教育が違う。

 それにもまして「武士道」という、死を恐れない精神世界に基づいた、極めてストイックな生き様は、欧米的合理主義の、むしろ対極に位置し、簡単には理解してもらえない物なのかも知れない。

 そういう「理解できない物」がベースにある日本軍が、しかも練度も初戦の頃は世界一だったものだから、世界中が恐れたんだろうな。

 しかし、米国は日本を理解した。

 中韓は、理解できない事を、逆に批判に替えてしまった。

 米国とイスラム圏との対立の様に、日本と中韓の対立は、もしかしたらこのまま永遠に続くのかもしれない。

【2014/03/29 09:33】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック