FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 この方は、脳みそのどこかで物事の考え方の筋道を大きく間違えたんですな。

 

 そういやぁ、私も記事にしてました。
 http://hirotaka2235.blog35.fc2.com/blog-entry-3324.html

 金融は、金本位制から大きくやり方を変えました。紙幣が発行されるようになり、更にバーチャルなマネーが世界金融を大きく動かす時代になって、「金」が「信用」に置き換わったんですな。
 要するに、「マネー」は、信用債権から生まれるという事です。

 経済の拡大には債権が不可欠だという事。
 戦後は復興により、国家が負債を負い、その後企業が設備投資等で負債を、更に「所得倍増論」で、各家庭がローンを組み、「列島改造論」では、地方全域まで開発が進み経済は拡大して行ったんですな。
 すべて、「債権」によるものです。
 そしてその後に起こったのがバブル経済です。
 バブルは、不良債権によって需要が高まり、モノの値段が上がって行き、経済拡大します。
 そしてバブルがはじけると、不良債権が紙くずになり、あると思っていた「マネー」が無くなってしまうため、「マネー」そのものの価値が上がり、デフレになるんですな。

 では、ハイパーインフレってどうやって発生するんでしょうか。

 大量に発行されている国債が、取り付け騒ぎで現ナマになって、生産労働人口が激減した国内に還流し、物の値段が手が付けられない額に高騰する??
 ま、今の日本の製造流通能力が健全である以上、全く考えられませんね。

 太平洋側全域に東北大震災以上の津波が押し寄せ、日本の製造流通機能が想像もつかないぐらいに低下した場合は、話が別です。ほぼ間違いなくハイパーインフレになりますな。

 しかし、そういうのって、今の国会で云々する話ですか?

 危機管理の観点からの話なら別ですが、このおっさんはそんな観点からの話じゃなく、机上の持論をひけらかしているだけに見えます。

 最後、麻生氏にコテンパンで、滑稽なだけです。

 

【2014/04/01 09:01】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック