自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 ロシアがウクライナにとった行動と、それに対する各国、特に米国の対応を虎視眈々と見極めている国がある。

 いまこそ台湾を飲み込もうとしている中国だ。

 自国民を大量に送り込み、世論を盛り上げたうえで、自治権を強奪するというやり方は、今回のロシアがとった手段よりも狡猾で悪賢い。

 正に、「すぐそこにある危機」・・だというのに、我が国の、取り分け東シナ海に面した自治体の教育界はどうなっているのか??

 国損を招く、確信犯だと言っても過言ではないという事になる。

 【国境の島を守れ!!】竹富町、ルール無視の教科書採択 県教委の傲慢さが尖閣防衛に影響
 http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140411/plt1404110830001-n1.htm

 先の記事でも取り上げたが、中国の戦わずして略奪する手段が以下だ。

 •世論戦=メディアやインターネットを利用し、自国に有利な情報を流し、国内外の世論を誘導する。
 •心理戦=恫喝や懐柔を使い分け、心理面から敵の対抗意思を挫く。
 •法律戦=敵に先んじて自国に有利なルールもしくは法解釈を作る。

 もうすでにヤラレチャッテいるのか?

 渡航歴等を調べる必要があるな。



【2014/04/11 11:54】 | 日教組
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック