自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 あらためて被害に遭われた方々にお見舞いを申しあげますと共に、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

 という声が空々しくなってしまうような出来事。

 【韓国旅客船沈没】 遺族と生存者家族が病院で衝突…助かった子どもに謝罪しろなど罵声
 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/cat_2534.html

 どんなに悲しみが大きくとも、日本人なら「私の子供の分まで生きてくれ!」って、心から言う事ができるはずだ。

 民度の違いと言えば簡単だが、未開の地、パプアニューギニアの原住民だってこのぐらい感覚は間違いなく持っている。

 自らの犠牲を顧みず、多くの生徒たちを避難させた22歳の乗務員が浮かばれない。

 「私は最後」 救出優先の女性乗務員に称賛
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140421/kor14042119490013-n1.htm

 この記事の表題は正鵠を射ている。

 「国民が未開だから国家も…」 韓国重鎮議員の次男が不明者家族を侮辱 韓国旅客船沈没
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140422/frn1404220900001-n1.htm

 こういう国民性を持った国家との付き合いは簡単な訳が無い・・・。


【2014/04/22 11:40】 | 事件
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック