自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 馬鹿だな。

 しかし、覚せい剤での逮捕者は、年々若者から年配者に移りつつあるという。
 日本の将来を思えば少々明るいが、トチ狂ったジーさんやバーさんが増えるのは嫌だな。
 年寄りのSEXが流行っているとか、週刊誌がうそぶいているが、それが原因か?
 悲しい話だ。

 ASKAはハマってしまったのか シャブSEXの恐怖…女性は常に絶頂状態に
 http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140523/enn1405231516018-n1.htm


【2014/05/24 08:57】 | エンターティメント
トラックバック(0) |

覚醒剤所持だけで死刑に
シンケン
清水健太郎も覚せい剤で7度も逮捕されているし、
中国では所持しただけで死刑になるし、
日本も世界中と同じく厳しく死刑にするべき。

親から貰った大事な体に耳に穴を開けたり、
刺青を入れたりタバコを吸って肺を真っ黒にしてはいけないし、
小さい時から親や幼稚園や小学校で教育しよう。

タバコも世界中法律で厳しく禁止に。
酒も飲みすぎると肝臓を悪くする。

死刑判決を受けた竹内真理子。マレーシアに4キロの覚醒剤
http://www.bllackz.com/2010/12/blog-post_03.html

誰もが知っていることだが、
東南アジアで麻薬の持ち込みは無期懲役か
死刑かのどちらかになってもしかたがないほどの重罪である。

覚醒剤を4キロと言えばもはやプロの密輸と同じ量であり、
そのニュースを見たとき、
これは冤罪が証明できなければ間違いなく死刑になるケースだと感じた。

それから2年後の2011年10月25日、
彼女は大方の予想通り、死刑を宣告された。

覚醒剤逮捕、芸能界に蔓延の体質ないか
http://vpoint.jp/opnion/editorial/17728.html

これほど危険な犯罪であるにもかかわらず、
有名芸能人だけでなく、小学校の校長や警察官ら、
社会的な責任が重く、
影響力の強い立場の人間による覚醒剤事件が
続いていることは看過できない。
背景には、外国からの流入の増加がある。

覚醒剤の蔓延 すべて失う恐ろしさ知れ
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140520/crm14052003110002-n1.htm

警察庁によると、
平成25年に全国で押収された覚醒剤は約832キロで、
統計が残る13年以降で3番目の多さだった。
国内での末端価格は21年をピークに下がっており、
路上売買に加えてネット取引が定着したことで、
蔓延(まんえん)に拍車をかけているという。

アジアで覚せい剤取引急増 日本が主要密輸先と国連
http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014052001001598.html

国連薬物犯罪事務所(UNODC)は20日、
「世界の合成薬物報告」を公表した。
覚せい剤のメタンフェタミンの押収量が
アジア太平洋地域を中心に急増、同地域で2012年、
過去最大の36トンに達したとしている。
薬物取引によって大きな利益が見込める日本が
主要な密輸先の一つ。

人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA
(本名宮崎重明)容疑者が
覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたばかりだが、
日本に大量の覚せい剤が
流入している現状が裏付けられた。

報告書によると、アジアのメタンフェタミン押収量は
08~12年の5年間で3倍に拡大した。


覚醒剤密輸船を毎月迎え入れるヘンな国、日本。
http://blogs.yahoo.co.jp/kaizyouhoan/16272085.html

覚醒剤所持だけで死刑に
シンケン
「キメセク愛好者」疑惑も…ASKA容疑者、警察にマークされても吸い続けた覚せい剤の魔力
http://news.livedoor.com/article/detail/8847344/

ASKA“愛人”マンション 借り主はカタカナ派遣会社関連1~2
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/150366

パソナグループ代表の南部靖之氏(62)の名前が飛び交っている。
同社の会長は安倍政権下で完全復権を果たしたアノ男だ。

ASKAの長男「何度も打つよ残さず打つよ」と替え歌を歌ってた
http://www.news-postseven.com/archives/20140523_257519.html

「息子さんが店で、チャゲアスの代表曲の『SAY YES』や
『YAH YAH YAH』をよく歌うようになったんですが、
それが全部替え歌なんですよ。
“何度も打つよ~残さず打つよ~♪”とか、
“これからそいつを打ちに行こうか~♪”とか(苦笑)」

ニューハーフヘルス嬢が告白「ASKA衝撃の両刀シャブ暦」
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/269673/

「もともと絶倫のうえ、薬物による持久力アップで、
朝から晩まで男役と女役を入れ替わって1人バイセクシュアルだから疲れる。
でも、ASKAは『覚醒剤をやると作曲能力がアップしたり、
寝ないで作業に集中できたり、痩せたり、
かなりメリットある』と豪語したよ。
あのハイトーンボイスも喉の奥を薬物で開いて効果抜群だって」

逮捕のきっかけはASKA夫人の通報だった!! 家庭内での言動が…
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140523/enn1405231514017-n1.htm

親子の溝はかなり酷いようです。


シンケン
仁風林とは?南部 靖之と飛鳥,栩内 香澄美/とちない かすみを
繋ぐS○X迎賓館の真実。安倍晋三まで…1~2
http://matome.naver.jp/odai/2140073489719743801

~また財政界の要人の接待を行う為にパソナ代表
南部 靖之が建てたというセ○クス迎賓館「仁風林」
栩内容疑者はASKAとここで出会ったという。
過去には安倍晋三首相をはじめ、森喜朗元首相が訪れたことも…
おまけにパソナ主催のイベントには飛鳥 涼のほかに
竹中平蔵 猪瀬直樹  堺屋太一 
永島敏行など著名人の名前が数多く確認された…~

政界から逮捕者が出たら面白いですね、
検察に圧力をかけて握り潰されますかね。
森善郎のシャブ中で事故を起こし、
シャブ中で寿命を縮めて無くなった馬鹿息子の時のように。
ピーチビジョンも関係あるかもしれませんね。


ヤマ親爺
どこまで広がるかは確かに注目です。

飯島愛とMDMAで獣のASKA
シンケン
ASKA、飯島愛と薬物&不倫・肉体関係、映像流出怯え薬物依存との報道 復帰絶望的か


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140529-00010000-bjournal-ent

~そのASKAが覚せい剤依存へ陥った原因について、
本日(5月29日)発売の「週刊文春」(文藝春秋/6月5日号)は、
2008年当時、ASKAと不倫関係にあった
タレント・飯島愛の死去にあると報じている。
同誌によれば、飯島が亡くなる数カ月前に、
ふたりがMDMA(合成麻薬)を使用して
性的行為に及んでいる一部始終を飯島がビデオで撮影していたという。
その後、変死状態の飯島が自宅で発見されたため、
ASKAはビデオの映像が流出することを
過度に怯えたことがきっかけで、
覚せい剤依存になっていったのではないかと、同誌は報じている。~

~どちらかというと真面目さが売りでもあったASKAが、
セクシー系タレントの飯島と薬物を使用し、
かつ不倫関係にあったとなれば、
イメージ崩壊とファン離れは必至であり、
もはや復帰は絶望的でしょう」(同)

こうした見方を裏付けるかのように、
大ヒット曲『SAY YES』から20年来のファンだという30代女性は、
次のようにASKAへの冷めた感情を語る。

「逮捕後も、ASKAの“繊細さ”や“真面目さ”が
ASKA自身を追いつめていったという面もあるのではと思い、
しっかりと罪を償って復帰してほしいという気持ちもありました。
しかし、女性タレントと不倫し、
さらにその相手の死で自分のスキャンダルが
ばれてしまうことを恐れて覚せい剤に走っていたとは、
呆れて言葉もありません」~


テリー伊藤も「クスリに頼らないと音楽できないなら、
その人はミュージシャンを辞めた方がいい。
スポーツ選手が『クスリに頼らないといい記録が出ない』と言うわけがない」
「クスリに頼る段階で正直言って、
ASKAはもう音楽家としてダメだと思う」と言っていた。

ミュージシャンではなく芸能界を辞めたほうが良いと言うべきでした。
THE JAYWALKのボーカルの人は、
築地で仕事をしていますし、
ASKAも築地で人間勉強し、
四国お遍路お参りをして修行をし、
犯罪を犯した芸能人は芸能界に復帰してはいけません、
生き残るには大変な世界ですが、
犯罪者には一番生温い世界です。

首相が叱責…ASKAの女に異常接近していた小野寺防衛相1~2
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/150581

もっとも、妻子を仙台市内に残して単身赴任中の
小野寺は独り身が寂しいのか、
夜の世界は嫌いじゃないようだ。
昨年5月、中国の潜水艦が沖縄・久米島の接続水域内に
侵入して日中間に緊張が走った夜、
銀座の和風キャバクラでホステスとの
ひとときを楽しむ様子を「週刊文春」に報じられた。


ヤマ親爺
永田町、霞が関と、赤坂や六本木の位置関係を見ると、否が応でも「ナルホドナー」と思ってしまいます。
であればなおの事、プライベートはしっかりと律して行かねば・・と思いますがね。


これでは日本は良くなりません
シンケン
パソナ南部代表、女性スキャンダル&セ○ハラ疑惑 
秘書の覚せい剤逮捕生む企業体質
http://biz-journal.jp/2014/05/post_4990.html

田村厚労相は就任後も…「パソナ接待館」常連だった5閣僚1~2
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150540



ヤマ親爺
シンケンさんのお話はね、どちらかというと国民主義ですが、国家としては弱体化して行きますね。私はそういう国は望んでいません。

この件はこれが最後に
シンケン
ASKAで話題の“接待パーティー” 高級官僚も常連だった1~3
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/150621

仕切り役は元財務省の天下り

美女が体を密着させながら酒をつぎ、
豪華料理に舌鼓を打つ――。
「仁風林」の接待パーティーは、
さながら高級クラブのサロンのような雰囲気だったという。

パソナを含む派遣業界は90年代、
業界全体で数十億~数百億円規模といわれた
派遣社員の社会保険料の未納の扱いについて頭を痛めていました。
98年には会計検査院が全国の派遣会社の約400の事業所で、
約35億円の社会保険料の徴収漏れがあったことを指摘しています。
保険料徴収が厳格化されれば、業界はたちまち火の車。
そこで保険料の支払いを緩くするための
日雇いや請負といった規制緩和に政界工作を仕掛けた。

経済ジャーナリストの荻原博子氏がこう言う。
「労働者あっての国や経済なのに、官僚や派遣業界は、
労働者を『出来る限りコキ使って搾取するコマ』としか見ていない。
自分たちさえ儲かればいいと思っているから、
政官財で“癒着”しようが“談合”しようが、
悪いという感覚がないのでしょう」

「仁風林」での政官接待は、
98年の銀行と旧大蔵官僚の
「ノーパンしゃぶしゃぶ接待」を思い出させる。
お車代などの現ナマをもらって、
行政をネジ曲げたのだとすれば許されない話だ。


これでは少子化が加速します。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
覚醒剤所持だけで死刑に
清水健太郎も覚せい剤で7度も逮捕されているし、
中国では所持しただけで死刑になるし、
日本も世界中と同じく厳しく死刑にするべき。

親から貰った大事な体に耳に穴を開けたり、
刺青を入れたりタバコを吸って肺を真っ黒にしてはいけないし、
小さい時から親や幼稚園や小学校で教育しよう。

タバコも世界中法律で厳しく禁止に。
酒も飲みすぎると肝臓を悪くする。

死刑判決を受けた竹内真理子。マレーシアに4キロの覚醒剤
http://www.bllackz.com/2010/12/blog-post_03.html

誰もが知っていることだが、
東南アジアで麻薬の持ち込みは無期懲役か
死刑かのどちらかになってもしかたがないほどの重罪である。

覚醒剤を4キロと言えばもはやプロの密輸と同じ量であり、
そのニュースを見たとき、
これは冤罪が証明できなければ間違いなく死刑になるケースだと感じた。

それから2年後の2011年10月25日、
彼女は大方の予想通り、死刑を宣告された。

覚醒剤逮捕、芸能界に蔓延の体質ないか
http://vpoint.jp/opnion/editorial/17728.html

これほど危険な犯罪であるにもかかわらず、
有名芸能人だけでなく、小学校の校長や警察官ら、
社会的な責任が重く、
影響力の強い立場の人間による覚醒剤事件が
続いていることは看過できない。
背景には、外国からの流入の増加がある。

覚醒剤の蔓延 すべて失う恐ろしさ知れ
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140520/crm14052003110002-n1.htm

警察庁によると、
平成25年に全国で押収された覚醒剤は約832キロで、
統計が残る13年以降で3番目の多さだった。
国内での末端価格は21年をピークに下がっており、
路上売買に加えてネット取引が定着したことで、
蔓延(まんえん)に拍車をかけているという。

アジアで覚せい剤取引急増 日本が主要密輸先と国連
http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014052001001598.html

国連薬物犯罪事務所(UNODC)は20日、
「世界の合成薬物報告」を公表した。
覚せい剤のメタンフェタミンの押収量が
アジア太平洋地域を中心に急増、同地域で2012年、
過去最大の36トンに達したとしている。
薬物取引によって大きな利益が見込める日本が
主要な密輸先の一つ。

人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA
(本名宮崎重明)容疑者が
覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたばかりだが、
日本に大量の覚せい剤が
流入している現状が裏付けられた。

報告書によると、アジアのメタンフェタミン押収量は
08~12年の5年間で3倍に拡大した。


覚醒剤密輸船を毎月迎え入れるヘンな国、日本。
http://blogs.yahoo.co.jp/kaizyouhoan/16272085.html
2014/05/24(Sat) 18:11 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
覚醒剤所持だけで死刑に
「キメセク愛好者」疑惑も…ASKA容疑者、警察にマークされても吸い続けた覚せい剤の魔力
http://news.livedoor.com/article/detail/8847344/

ASKA“愛人”マンション 借り主はカタカナ派遣会社関連1~2
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/150366

パソナグループ代表の南部靖之氏(62)の名前が飛び交っている。
同社の会長は安倍政権下で完全復権を果たしたアノ男だ。

ASKAの長男「何度も打つよ残さず打つよ」と替え歌を歌ってた
http://www.news-postseven.com/archives/20140523_257519.html

「息子さんが店で、チャゲアスの代表曲の『SAY YES』や
『YAH YAH YAH』をよく歌うようになったんですが、
それが全部替え歌なんですよ。
“何度も打つよ~残さず打つよ~♪”とか、
“これからそいつを打ちに行こうか~♪”とか(苦笑)」

ニューハーフヘルス嬢が告白「ASKA衝撃の両刀シャブ暦」
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/269673/

「もともと絶倫のうえ、薬物による持久力アップで、
朝から晩まで男役と女役を入れ替わって1人バイセクシュアルだから疲れる。
でも、ASKAは『覚醒剤をやると作曲能力がアップしたり、
寝ないで作業に集中できたり、痩せたり、
かなりメリットある』と豪語したよ。
あのハイトーンボイスも喉の奥を薬物で開いて効果抜群だって」

逮捕のきっかけはASKA夫人の通報だった!! 家庭内での言動が…
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140523/enn1405231514017-n1.htm

親子の溝はかなり酷いようです。
2014/05/24(Sat) 18:14 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
仁風林とは?南部 靖之と飛鳥,栩内 香澄美/とちない かすみを
繋ぐS○X迎賓館の真実。安倍晋三まで…1~2
http://matome.naver.jp/odai/2140073489719743801

~また財政界の要人の接待を行う為にパソナ代表
南部 靖之が建てたというセ○クス迎賓館「仁風林」
栩内容疑者はASKAとここで出会ったという。
過去には安倍晋三首相をはじめ、森喜朗元首相が訪れたことも…
おまけにパソナ主催のイベントには飛鳥 涼のほかに
竹中平蔵 猪瀬直樹  堺屋太一 
永島敏行など著名人の名前が数多く確認された…~

政界から逮捕者が出たら面白いですね、
検察に圧力をかけて握り潰されますかね。
森善郎のシャブ中で事故を起こし、
シャブ中で寿命を縮めて無くなった馬鹿息子の時のように。
ピーチビジョンも関係あるかもしれませんね。
2014/05/25(Sun) 12:39 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
どこまで広がるかは確かに注目です。
2014/05/26(Mon) 13:32 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
飯島愛とMDMAで獣のASKA
ASKA、飯島愛と薬物&不倫・肉体関係、映像流出怯え薬物依存との報道 復帰絶望的か


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140529-00010000-bjournal-ent

~そのASKAが覚せい剤依存へ陥った原因について、
本日(5月29日)発売の「週刊文春」(文藝春秋/6月5日号)は、
2008年当時、ASKAと不倫関係にあった
タレント・飯島愛の死去にあると報じている。
同誌によれば、飯島が亡くなる数カ月前に、
ふたりがMDMA(合成麻薬)を使用して
性的行為に及んでいる一部始終を飯島がビデオで撮影していたという。
その後、変死状態の飯島が自宅で発見されたため、
ASKAはビデオの映像が流出することを
過度に怯えたことがきっかけで、
覚せい剤依存になっていったのではないかと、同誌は報じている。~

~どちらかというと真面目さが売りでもあったASKAが、
セクシー系タレントの飯島と薬物を使用し、
かつ不倫関係にあったとなれば、
イメージ崩壊とファン離れは必至であり、
もはや復帰は絶望的でしょう」(同)

こうした見方を裏付けるかのように、
大ヒット曲『SAY YES』から20年来のファンだという30代女性は、
次のようにASKAへの冷めた感情を語る。

「逮捕後も、ASKAの“繊細さ”や“真面目さ”が
ASKA自身を追いつめていったという面もあるのではと思い、
しっかりと罪を償って復帰してほしいという気持ちもありました。
しかし、女性タレントと不倫し、
さらにその相手の死で自分のスキャンダルが
ばれてしまうことを恐れて覚せい剤に走っていたとは、
呆れて言葉もありません」~


テリー伊藤も「クスリに頼らないと音楽できないなら、
その人はミュージシャンを辞めた方がいい。
スポーツ選手が『クスリに頼らないといい記録が出ない』と言うわけがない」
「クスリに頼る段階で正直言って、
ASKAはもう音楽家としてダメだと思う」と言っていた。

ミュージシャンではなく芸能界を辞めたほうが良いと言うべきでした。
THE JAYWALKのボーカルの人は、
築地で仕事をしていますし、
ASKAも築地で人間勉強し、
四国お遍路お参りをして修行をし、
犯罪を犯した芸能人は芸能界に復帰してはいけません、
生き残るには大変な世界ですが、
犯罪者には一番生温い世界です。

首相が叱責…ASKAの女に異常接近していた小野寺防衛相1~2
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/150581

もっとも、妻子を仙台市内に残して単身赴任中の
小野寺は独り身が寂しいのか、
夜の世界は嫌いじゃないようだ。
昨年5月、中国の潜水艦が沖縄・久米島の接続水域内に
侵入して日中間に緊張が走った夜、
銀座の和風キャバクラでホステスとの
ひとときを楽しむ様子を「週刊文春」に報じられた。
2014/05/31(Sat) 09:31 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
永田町、霞が関と、赤坂や六本木の位置関係を見ると、否が応でも「ナルホドナー」と思ってしまいます。
であればなおの事、プライベートはしっかりと律して行かねば・・と思いますがね。
2014/06/01(Sun) 10:41 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
これでは日本は良くなりません
パソナ南部代表、女性スキャンダル&セ○ハラ疑惑 
秘書の覚せい剤逮捕生む企業体質
http://biz-journal.jp/2014/05/post_4990.html

田村厚労相は就任後も…「パソナ接待館」常連だった5閣僚1~2
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150540
2014/06/01(Sun) 17:18 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
シンケンさんのお話はね、どちらかというと国民主義ですが、国家としては弱体化して行きますね。私はそういう国は望んでいません。
2014/06/01(Sun) 20:36 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
この件はこれが最後に
ASKAで話題の“接待パーティー” 高級官僚も常連だった1~3
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/150621

仕切り役は元財務省の天下り

美女が体を密着させながら酒をつぎ、
豪華料理に舌鼓を打つ――。
「仁風林」の接待パーティーは、
さながら高級クラブのサロンのような雰囲気だったという。

パソナを含む派遣業界は90年代、
業界全体で数十億~数百億円規模といわれた
派遣社員の社会保険料の未納の扱いについて頭を痛めていました。
98年には会計検査院が全国の派遣会社の約400の事業所で、
約35億円の社会保険料の徴収漏れがあったことを指摘しています。
保険料徴収が厳格化されれば、業界はたちまち火の車。
そこで保険料の支払いを緩くするための
日雇いや請負といった規制緩和に政界工作を仕掛けた。

経済ジャーナリストの荻原博子氏がこう言う。
「労働者あっての国や経済なのに、官僚や派遣業界は、
労働者を『出来る限りコキ使って搾取するコマ』としか見ていない。
自分たちさえ儲かればいいと思っているから、
政官財で“癒着”しようが“談合”しようが、
悪いという感覚がないのでしょう」

「仁風林」での政官接待は、
98年の銀行と旧大蔵官僚の
「ノーパンしゃぶしゃぶ接待」を思い出させる。
お車代などの現ナマをもらって、
行政をネジ曲げたのだとすれば許されない話だ。


これでは少子化が加速します。
2014/06/02(Mon) 21:05 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック