自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 経済は拡大しないと分捕り合いになる。
 「何とかショック」って、色々あったが、経済の拡大って債権が増えて行く事なんだけど、その債権が不良化するってぇ事なんだよな。
 そういうのが「ショック」と呼ばれる規模で起きるると経済の収縮って事態に陥る。
 そうなると分捕り合いになって弱肉強食になっちまうのな。

 市場経済・自由経済という状態は言わば野放し状態の事で、経済が拡大しているうちは弱者にも金は回るけど、収縮始めると強者にしか金は行かなくなる。(集金システム持っている者の勝ち、既得権もそう)
 自動的に格差社会が生まれて行くが、その罪を隠すのが「グローバリズム」という言葉だ。
 「世界の常識」ってやつだ。(弱肉強食だ)

 かつての日本は規制がいっぱいあった。

 農林水産物の輸入規制や大店舗の出店規制、米や酒等の販売規制が解りやすいが、それらが一次産業や、自営業を守っていたんだな。
 間接的な利益の再配分と言えるのかもしれない。
 経済弱者はそうやって守られて来たんだ。(ま、既得権化して儲けた奴らももちろん居たが)
 
 そういう社会構造の中で、雇用や賃金を守りながら、生産技術を発展させて来て今に至るんだ。

 世界は、そうやって築いてきた日本の富を「独り占めすんな!」とばかり、「自由化」を押し付けてくる。
 それが、WTOだったり、ウルグアイラウンドだったり、TPPなんだよなー。

 日本はいくらいじめても、金持ちのままだから、今度はハンデまで要求してくる始末。
 それがTPPだ。
 一番先にやられるのは弱者だ。
 政府は、その事を深~く理解しなければならない。

 

 




 

【2014/07/08 09:49】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック