自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 神奈川大学名誉教授の北岡氏とそのご兄弟が、かつてのベトナム戦争時の韓国軍の蛮行を告発する記事が、「正論」や「SAPIO」に掲載されている。

 小学館 SAPIO 8月号
 http://www.shogakukan.co.jp/magazines/detail/_sbook_1409708114

 韓国軍ベトナム虐殺を世界に発信 北岡正敏氏ら米国で“告発” アパ元谷代表がエール
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140715/dms1407151207006-n1.htm

 韓国軍がベトナム戦争に於いて、多くの女性と関係を持ち、できた子供達を「ライダイハン」と呼び、韓国国内ではタブー視され、その数は二千人から3万人とも言われる、日本では信じられないような数に上っているという。
 それは、いわゆる慰安婦と呼ばれた女性達との関係の中で、避妊に失敗したとかが多いのかなと勝手に考えていたが、どうやら「強姦」によるものも多かったらしい。
 その程度の認識だったが、実際には大虐殺と言われるような行為が行われていた事が北岡氏らの調査で明らかになった。
 
 詳細は記事を見て頂くとして、おいおい、「米軍慰安婦」なんて言うレベルじゃないよな。、そういう忌まわしい過去をひた隠しにしてまで、日本の慰安婦問題をまだ言い続けようって言うのだろうかね。

 過去をまず直視しなければならないのは他ならぬ韓国だったという事なんだよな。

 なんと朝日新聞も書いていた。

 韓国 軍も企業もベトナム参戦
 http://www.asahi.com/international/history/chapter08/02.html



【2014/07/17 08:34】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック