自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 学者じゃありませんので、昔聞いた話の受け売りです。

 よく、ガキンチョが覚える言葉って、えげつないのから先に覚えるって言いますよね。

 「うんこ」
 「ころす」
 「死ね」

 ってね。

 それって、人間が生まれながらに持っているネクロフィラス的な、いわゆる「生きる」という概念の真逆な、非常にネガティブな感覚が顕著に表れた表現なんですよね。
 そのまま、放ったらかしで育てるとそのまんまのガキになります。
 そして大人になってもそのまんまで、「生」に対する尊厳などが微塵もない人間になってしまうと聞きます。

 殺人者や、おおよそ人間味の無い残忍な犯罪を犯す人間はみんなこういう人物なんですな。
 人間が本能的に持っているかもしれない感覚だと言いますので、特殊ではないのです。

 では、犯罪者だらけの社会になるかと思えばそうじゃないですよね。
 そんな邪悪な感覚が出ない様にするにはどうすればいいか?

 人間が、生きる喜びを抱き、命の大切さを身に着けるには・・・。

 三歳位までの親の愛情だそうです。
 普通に、自分の子供に注ぐ、何も計算の無い単純な愛情と、豊かなスキンシップが大切だと聞きました。
 それがあれば、生まれながらに持っている「悪魔の因子」は徐々に消えて行くとね。

 この話は、信じたい物です。
 以前は、サカキバラ~、今回の事件はどんな風に将来呼ばれるであろうおぞましい出来事は、できれば御免こうむりたいですな。

 あの女生徒の心情は、同じタイプの人間でないと絶対理解できないそうです。
 できたとすれば、同じタイプ・・・。

 高1殺害 冷蔵庫からネコの首か
 http://news.livedoor.com/article/detail/9111567/


【2014/08/04 13:52】 | 事件
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック