自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 SAPIOの水間氏の記事が名誉棄損とばかり、抗議文を送りつけて来たらしい。

 しかし、自らの間違いを認めた朝日新聞は、一切謝罪しないばかりか、明確な論点のすり替えを行い、謝罪をしない事の言い訳としている見苦しさが、朝日以外のメディアで次々と報道されているが、その抗議文の内容は、また論点ずらしだ。

 要は水間氏が、韓国の妓生(キーセン)は売春婦だと書いた事が間違いで、韓国の妓生は、京都の舞妓・芸妓に相当するもので、売春婦じゃない・・という事なんだそーだ。 ( 笑)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!!

 私は韓国には行ったことはないが、私の仲間とか、それ以上の齢の連中は妓生旅行とかしょっちゅう行っていましたけどね。しかも、今でも世界に20万人もの売春婦を送り出している国じゃないか!

 何を言うてますねん・・。

 よしんば、それを指して「謝れ」と言うんだったら、自分たちが女子挺身隊と慰安婦を混同し、32年間も日本国民を欺いてきた事を世界中に謝罪してから言えってんだ。


 

 しかし、朝日は、藪をつついて蛇を出して、その蛇に噛まれて、墓穴を掘ったな。
 動画では、朝日の急所を突く話が出ている。まだまだどんどん下手をこく朝日だ。

 ま、潰れるまでやっていればいいさ!

 【朝日の大罪】反省しても謝罪なし 責任転嫁と矛盾の朝日検証 現代史家・秦郁彦氏
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140812/dms1408121140003-n1.htm




【2014/08/12 11:52】 | マスコミ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック