自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 日米の外交において戦後七十年、お互いの努力が実を結び、世界には他に無いほどの友好関係が築かれているのは言うまでもない事です。

 敢えて言わさせてもらいますが、卑しい隣国達とは比べるべくもない関係の裏には、日本人らしい「潔さ」も大きく作用していた事も挙げておきます。

 ことさら表に出して言う事柄ではなくなったとは思いますが、敢えて書かせてもらうとして、人道、人道と叫ばれる昨今、これほどまでに非人道的な事があったでしょうか?
 米国軍の、日本の非戦闘員に対しての無差別空爆と、二発の原爆です。

 広島長崎新潟の他、横浜などの投下候補地には、破壊力をテストするために通常空爆はなされませんでした。
 新潟横浜は、天候不順の為見送られたと記録されているようです。
 
 建物も含め、人間に対しても行われた、人類史上初の強大にして残酷な人体実験だったという話があります。

 広島「リトルボーイ・ウラン型」と長崎「ファットマン・プルトニューム型」ですが、なぜ二種類なのか?
 もう降伏寸前の日本に、なぜ二つも落とさなければならなかったのか?
 広島に投下して、その後、日本に降伏の打診はなされなかったのか?
 等々他にも色々、戦争好きの米国に対しての、人権に絞った話だけでもたくさんあるとは思います。

 しかし、過ぎ去った時間は元には戻せませんね。
 今の平和を築くために尽力された数々の先人たちに感謝しつつも、日本人のマナーとして、あまり言わなくても良いジョークが紹介されていましたので引用します。

 10632699_346612412164519_5878826941874449803_n.jpg

【2014/08/25 10:10】 | 大切な日本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック