自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 竹中平蔵は新自由主義の権化です。
 小さな政府を標榜し、強者の為の政治をやる輩です。
 弱者蔑視、地方蔑視の論理ですべてを括ってしまう、まあ、米国のティーパーティとか言われる連中にべったりの虎の威を借りる狸みたいな奴ですな。
 しかし、小泉政権の頃ならいざ知らず、なんで、今の政府にまで食い込んで、持論を展開できるのか不思議でなりません。
 アメリカだってオバマは、うまく行っていませんが大きな政府を標榜してますもんね。
 今、政府の財政出動によって景気を回復させようとしているのに、竹中は外国人移民とかで活性化等と言う妄想を吹聴しています。
 西田氏は、その竹中氏を辞めさせなければならないと、ネットで明確に表明されました。
 党内、あるいは政府内で、そうとう熾烈なぶつかり合いが発生していると思います。

 何が何でも頑張ってもらいたい物です。
 西田氏は断固支持します。
 頑張ってください!!

 



【2014/09/16 17:25】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック