自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 この高橋洋一氏の記事を読んで、常日頃感じていた事が、グンと壺に嵌って納得できました。

 なるほどね、日本をリードして来た知識人て、「安定・成熟」を期待してんのね。
 その為に、かつての経済成長に対して、公共事業や、環境破壊の側面のみを取り上げて忌み嫌い、その後に起きた経済収縮、デフレ経済の方を安息と捉えたのか。

 しかし、その知識人とやらは、お上から食い扶持をもらっていたりしてますよね。
 月々の定収入があり、なおかつ、目減りしなかったりするのな。

 そりゃー、通貨の価値が上がって行くデフレの方が良いに決まってますな。
 
 しかしね、経済って成長してこそ適正な再分配が成されるのよね、会社で言えば、ちゃんと売り上げや利益が上がってこそ、給料を安定的に払えるし、昇給もして行ける。そして、ローンを組んで車買ったり、家が建てられるのよ。
 そうやって、経済はまた成長して行くのな。

 それが解らない知識人て、知識人とは言わない。
 「里山資本主義」って、私は里山に住む人間だけど、マクロで捉えたら欺瞞だらけだもんね。

 良い記事でした。

 世界を知らぬエセ論者には社会&経済問題の解決は困難だ
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141011/dms1410111000004-n1.htm



【2014/10/13 08:27】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック