自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 過去の大戦の痛ましい話に隠れながらも、数々の逸話がいろんな形で現代に蘇って来ています。

 その中でも、思わず「日本人で良かった!」と思わせる話がFB上で紹介されていました。
 私も初めて聞く話です。

 NishizawasA6M32sm.jpg


 以下引用

 【ゼロ戦のいい話】

ゼロ戦のプロペラに関して、実はアメリカの企業が特許を持っていた。

そこで日本の航空機製造企業は、その企業へ特許料を支払って製造を行っていた。

その後の第二次大戦が始まって、その特許料の支払いが行えなくなり、支払いが中断した。

その後終戦、アメリカの企業はもう特許料の支払いは日本には無理だろうと考えて諦めていた。

しかし戦後1年位たってから日本の企業から手紙が来て、そこに書いてあったのは、 戦争中に生産したそのプロペラを使って製造した航空機の数で、その数は有に1万機を超えていた。

そして手紙にはこう書いてあった

「これだけ生産したので特許料を請求してください。」

アメリカの企業は請求書を送った。

そこに書いてあった請求額は
たったの1ドルであった。

 引用終わり

 なんかねー、最近は新自由主義やら、金に汚い特亜のせいで日本人も品質低下してんじゃないの?(ブラックとか)・・って思わせるような世知辛い世の中になってしまいましたけど、この記事を読んで、やっぱりお互いに尊敬できるとか、真の信頼関係とか、単純な人間関係のみならず国家の相互関係のあり方とか、考えさせられましたねー。

 ほんといい話だったわ。




【2014/10/15 08:17】 | 大切な日本
トラックバック(0) |


duca-me
これってうちの会sy(以下略


duca-me
あった。これですねw

http://blogs.yahoo.co.jp/ko_tengu22/archive/2011/2/19


ヤマ親爺
えー!甕さんって!・・・。
いやいや~良い話を、ありがとうございます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
これってうちの会sy(以下略
2014/10/15(Wed) 12:51 | URL  | duca-me #-[ 編集]
2014/10/15(Wed) 12:54 | URL  | duca-me #-[ 編集]
えー!甕さんって!・・・。
いやいや~良い話を、ありがとうございます。
2014/10/16(Thu) 16:55 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック