自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 昔の日本は性的には非常におおらかだった。
 全国に点在する、様々な性的な象徴を崇めたり担いだりする奇祭がその名残を表している。
 私の住むお隣の地域にも、奇祭としてはかなり有名な「ほだれ祭」という催しが冬に開催される。

 菊田真紀子の、「口に出すのもけがらわしいSMバー」と言い放った国会質問での言葉が波紋を広げているが、独身ならいざ知らず、いい年して結婚もし、この記事にある様に、恥ずかしげにも天真爛漫な笑顔で、確か選挙区でもない地域のほだれ祭りに参加した経験もあるんだから、もうちょっと言い方があっただろうにねぇ~。

 ま、民主党の立場で、前回選挙では地獄を見た経験から、本会議での質問の機会をもらって力みすぎたかな。
 次は無いと思うけどね。

 引用させていただきます。

 SMバーを「汚らわしい」と評した民主の菊田真紀子先生、地元の祭で巨大ち●ぽに跨り大はしゃぎ

 bc810702f9359daf4fb2f850bad663ce.jpg

 http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/2c0a959b882b126a433aca4a89e58d28

 私もじかに担いだ事もあるけど、良い祭りです。
 女の子が降りる時なんか、わざと先っぽの方を回らせて、撫でさせるのね。
 みんな喜んで撫でまわしております。(あの艶!)

 「しょうや!しょうや!」「今夜!今夜!」とか言いながら担いだなー。



【2014/10/30 17:42】 | 反民主
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック