FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 中国では、健さんの人気は相当すごかったみたいですな。
 「君よ憤怒の河を渡れ」ですな。
 たしか西村寿行氏の原作だったと思います。(氏の小説は夢中で読みまくった時期がありましたね、スケベだったのねー)
 私はこの映画は観ておりませんが、世間が落ち着いたらゆっくり観たいと思います。

 ところで、中国は包容力があるんでしょうか、健さんの日本人的な人柄をちゃんと理解する感性があるのかどうかは解りませんが、国を挙げて追悼している様です。

 【高倉健さん死去】
 中国、異例の健さん追悼 共産党、外務省も弔意
 http://www.sankei.com/world/news/141122/wor1411220020-n1.html

 しかし、韓国は絶対しないでしょう。
 ま、日本の映画も観ていないでしょうしね。
 見たら逆にもっと大変な事になるか?

 日本敗戦と同時に戦勝国に成りすました朝鮮人が暴虐の限りを尽くした・・
 http://hirotaka2235.blog35.fc2.com/blog-entry-4143.html




【2014/11/22 11:22】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック