自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 池上彰氏が日本の借金に警鐘 国のサービスを受けられなくなる?
 http://news.livedoor.com/article/detail/9557217/

 私だってど素人だけどね、昨日の池上彰氏の、この記事に出ている様な話っぷりには実に腹が立ちましたな。
 この男、物の道理が解ったような顔をして、実は、な~んにもお解りじゃないのね。
 特に、こと経済ではね。
 政府の円建ての借金を、国民が肩代わりするなんて、実際あり得ないのよね。
 国債の信用が~なんて言っていましたが、政府発行の国債と、政府の子会社の発行する日銀券って、同じ紙切れですよね。
 日銀券は信用があって、国債は信用が無いの?
 日銀て、政府より偉いの?
 池上彰のまるで解っていないのは、日銀も通貨発行権を持っているけど、政府だって通貨発行の権利を有していますな。
 
 要するに、日本のGDPや、経済力、対外債権などが国家の信用の裏付けとなり、世界最高の借金を持ちながら、通貨の信用も維持しながら、世界でも最も低い金利の国債を発行する事が出来ているんですよね。

 そんな話を全然しないで、「1000兆円の借金がぁ~」と言いまくり、菊池桃子なんか、「そうなのよぉ~」と言わんばかりの訳知り顔で大きく頷いていましたが、はっきり言って馬鹿過ぎです。

 政府発行の国債って、国民の金融資産ですよね?
 で、日本国って、期限付きの国家ですか?
 少なくとも、現時点では、日本国って、ずーっと続きますよね。
 国民に対して、超長期のローンを組んでいると解釈しても良いと思います。
 債務不履行って、考えられないでしょう?
 ましてや円建てですから、札びら刷って債務を履行すればいいだけの話です。

 ただしね、世界的に、ごく稀な国家ですから、あんまり露骨な財政ファイナンスはできませんな。
 それで、「まあ、均衡させましょう」という所なんですね。

 しかし、ここ数年でいきなりできる話じゃないのよね~。

 財務省からなんか、嗅がされたんでしょうかね。
 だとすれば、反アベノミクスだね。やだねぇ~。

 嫌~な番組でしたね。
 


【2014/12/09 20:56】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック