自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 財務省にたてついた初めての内閣という事になる。
 今回の選挙は、大きく歴史を変える重大な選挙という事になった。
 「官僚社会主義国家」・・ずいぶんと以前から言われていた事だったが、今回の解散劇で一気に確信になった。
 しかし、負ければ元の木阿弥、良い様に財務官僚にやり込められて終わりだ。

 野党もへったくれもない選挙になるとは思いも寄らなかったが、投票率は低くとも大勝利して、新たな社会秩序を構築して欲しい物だ。

 高橋洋一氏は、かつて当事者だっただけに、財務省の話に信ぴょう性がある事は間違いない。

 勝つのは安倍政権か増税勢力か 今衆院選の本質と日本経済
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141214/dms1412140830004-n2.htm



【2014/12/14 12:55】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック