自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 原油が異常に下がっている。
 私らの様に、車や灯油に頼らなければやって行けない人種にとっては、誠にありがたい事なんだが、現在の原油安の裏には、いろんな思惑が捜索していた。

 世界最大の石油産地は、サウジアラビアで、第二位がロシア、次に米国が続くのかな。
 その産油国にとって、今最も頭が痛いのは件のイスラム国であり、国家を名乗っているが実は完全に非合法の集団で、占領した油田から盗掘した石油を売りさばき、一日で一億円稼いでいるという。

 OPECが生産調整し、原油価格を上げれば上げるほどその集団の実入りが上がって行くという、実に理不尽極まりない現象が起きるという事になる。

 裏を返せば、その連中が討伐されれば、原油価格も産油国の思うがままという事になり、それはそれで、世界のパワーバランスを数か国が握るという事であり、富の集に繋がる。
 イスラムの闘いの根源もどうやらそこにあるのかもしれない。

 イスラムを標榜するテロ集団は、日本に対しての敵愾心は薄いという。

 この原油をめぐる思惑を見て、大戦前の日本を彷彿してしまうのは私だけじゃないだろう。

  




 

【2015/01/12 11:07】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック