自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 田中真紀子なんて言う懐かしいオバハンが、「後ろからスカートの裾をを踏むのがいる」と嘆いて、外務大臣を更迭されたのは、ずいぶんと昔の話になってしまいました。
 しかし、青山氏も言ってましたね、「拉致事件の担当を外務省にしていると、向こう側も、全く能力のない外務担当が出てくる。それでは進展は全く無いので、こちらの担当を内閣直結にするべきだ」とね。

 ま、安倍総理になってからは、あれだけ海外に赴きましたので、さぞかし外務省も忙しかった事と推察いたします。

 しかし、リアリズムの欠如した(様に見えますね)今の外務官僚じゃあ、いくら忙しそうにしていたところで、実質的に仕事は前に進んではいなかったんじゃないかと思います。

 下が動かない大臣もかわいそうだな。

 中山元拉致担当相、怒りの激白「外務省を外して新体制を…」 北朝鮮再調査問題
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150117/dms1501171527010-n1.htm



【2015/01/18 13:45】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック