自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 ギリシャが反緊縮財政派が政権を取った。
 21世紀壮大な実験としてのEU、取り分け共通通貨としてのユーロの導入って、今から考えたらまるで駄目なやり方だったと思うよな。
 内需に乏しく、観光ぐらいしか金儲けの手段が無いギリシャにとって、通貨安の優位性を取る事ができない共通通貨では、今みたいな状況から脱却するのはまず無理だろうな。
 さりとて、ドラクマに戻っても、対外債務を償却する事も大変だ。
 ま、公務員が多すぎて、あまり働かない国民性だって聞くからそれ以前の問題だよな。

 ユーロ危機って、一番儲かったのは、自国の生産物をガンガン売る事が出来たドイツだもんね。

 しかし、何回も書くけど、経済って拡大しなければ分捕り合いになるのね。
 経済の拡大の源泉は優良債権です。
 発展途上は投資、融資から債権が発生し、成長途上では個人消費がローンを組みます。
 今の日本はその両方もない状態ですね。
 それを指して、成熟期と称される方もいらっしゃいますが、これが大間違いです。
 単に、金融政策を間違えたんですな。
 大きな債権が発生しなくなった国家は、自ら負債を負って国家の経済エンジンを回さなければなりません。
 それが今の日本なんですな。
 だって、通貨の実質価値が25年前に戻ってしまっているのって絶対おかしいよね。
 初任給もそうだし、ローン返済もちっとも楽にならないって事になります。
 日当8000円だった頃ですが、真っ当な成長を続けていれば、30000円から40000円位になっていてもおかしくないのよね。(額面だけ見ればバブルの頃の数字です)
 
 バブル崩壊後、不良債権の処理を上手にできていれば、GDPは1000兆円、税収90兆円、プライマリーバランスはほぼ均衡という事になっていたはずです。ま、たらればですがね。

 素人の話ですが、名の通った経済学者や、アナリストがさんざん言っていた「ハイパーインフレ」や「国債暴落」の話より、余程まともじゃないですか。
 実際世界はそういう方向に向かい始めた様ですもんね。
 さっさと肩書き返上して、雲隠れしてもらいたいと思いますな。



 ECBの「切り札」量的緩和、ギリシャ経済への波及が課題
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150128/dms1501280830004-n1.htm

 




 

【2015/01/28 10:10】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック