FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 自衛隊の訓練風景ってなかなか記事にはなりませんよね。
 米軍が中東辺りに行ってドンパチやっているのは、大半が批判的な内容でしっかりと取り上げられ、さらには、そういう戦争の一面とはまた違った取り上げ方をすると、それなりに評価されたりしています。
 しかし、事自衛隊に対してのマスコミの捉え方はどうなんでしょうか?
 おしなべて皆さん一律な捉え方をしていますね。
 災害復旧なんかでは最近非常に好意的になってきましたが、防衛訓練なんていうと、なんか見向きもしなかったような気がします。
 そして事故なんかあるともう火達磨ですよね。

 ハマコウさんが、「自分で血を流さず、自国を守れない国は日本だけだ。」なんておっしゃっていられましたが、こういう記事を見れば、「ああ日本だってしっかりと自衛隊の人が守ってくれているんだ」と言う実感がわきます。
 日本はミリタリーは制服を着て町を歩かないらしいですが、情けないことです。
 マスコミの捉え方さえ彼らに「感謝の気持ち」が少しでもあれば国民だって意識は変わってくるはずです。
 くれぐれも言って置きますが、こういう考え方=戦争肯定ではありませんからね。
 短絡的にならないようにお願いします。
 家庭や家族、先祖からの土地や、自分が住んでいる環境を守ろうと言う意識が強ければ、自然に地域観、国家観は芽生えてきます。
 守られてばっかり来た人には到底解らないかも知れません。
 「守る側」に視点をおく必要があると申しておきます。

 引用です。
陸自第5旅団、全部隊地下に潜る…四半世紀ぶりの大規模防御訓練を公開 (1/3ページ)
2008.10.27 19:03

jieitai

24年ぶりに行われた大規模な防御訓練。鉄条網で覆われた壕内から敵を迎え撃つ普通科隊員=北海道東部の矢臼別演習場(陸上自衛隊北部方面隊提供) 陸から侵略してきた敵をいかに阻止するか-。

 北海道の守りを担う陸上自衛隊北部方面隊は、10月上旬から北海道東部の矢臼別演習場で、指揮所など約2300カ所の陣地を地下に築き、敵の侵略を阻止する大規模な防御訓練(総合戦闘力演習)を行い、訓練の様子を27日、報道陣に公開した。

 「第5旅団の全部隊地下に潜る」と銘打った今回の訓練は、師団・旅団レベルの訓練としては、昭和59年の「対機甲戦闘演習」以来四半世紀ぶりの大規模訓練。北部方面隊第5旅団を中心とする部隊員ら約3300人が参加した。

 広大な原野が広がる矢臼別演習場。そこに張り巡らされたクモの巣のような塹壕(ざんごう)、隊員らが約2週間かけて掘ったものだ。

 指揮官や幕僚ら幹部が詰める地下指揮所、そして、戦車が射撃をする陣地。その中を敵にふんした部隊が攻めてくる。

 続きもご覧ください。
 image2-1.jpg

 空砲の爆音とともに、地下に潜んでいた北部方面隊第5旅団の隊員が、深さ1メートルほどの塹壕の中を駆け抜けて、敵を迎え撃つ…。

 訓練は、演習場の東方から1万人規模の仮想敵が侵略して来ることを想定。今月8日から21日まで、演習場の西方にショベルカーやブルトーザーなどを使って地下陣地を設営して、敵の進行を阻止することを目標にさまざまな訓練が行われた。

 27日は、敵の砲弾が陣地を攻撃した後、築き上げた塹壕に侵入してくる敵兵士に対し、戦車部隊が反撃する様子などが公開された。

 設営された地下陣地は、指揮所109カ所や火砲用の陣地51カ所など計2300カ所。隊員らが各陣地を移動する塹壕の総延長は約27キロにも及んだ。

 隊員らは演習地にテントを張って野営し、早朝から夕方まで穴を掘り、地下陣地を設営した。

 北部方面総監部では「占領を企図する脅威から、わが国を守る陸上防衛力は必要不可欠。陸上防衛の能力を落とすことは許されない」と話す。

 その上で、同総監部は今後、ゲリラなどの小部隊の攻撃に対する備えだけでなく、本格的な侵略事態にも備える重戦力の維持が重要だと強調している。


追記を閉じる▲


人(_ _ )・・アリガタヤ 気に入って頂けましたらお願いします。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村
にほんブログ村   q・・(゚Д゚ )ボチットナ

 空砲の爆音とともに、地下に潜んでいた北部方面隊第5旅団の隊員が、深さ1メートルほどの塹壕の中を駆け抜けて、敵を迎え撃つ…。

 訓練は、演習場の東方から1万人規模の仮想敵が侵略して来ることを想定。今月8日から21日まで、演習場の西方にショベルカーやブルトーザーなどを使って地下陣地を設営して、敵の進行を阻止することを目標にさまざまな訓練が行われた。

 27日は、敵の砲弾が陣地を攻撃した後、築き上げた塹壕に侵入してくる敵兵士に対し、戦車部隊が反撃する様子などが公開された。

 設営された地下陣地は、指揮所109カ所や火砲用の陣地51カ所など計2300カ所。隊員らが各陣地を移動する塹壕の総延長は約27キロにも及んだ。

 隊員らは演習地にテントを張って野営し、早朝から夕方まで穴を掘り、地下陣地を設営した。

 北部方面総監部では「占領を企図する脅威から、わが国を守る陸上防衛力は必要不可欠。陸上防衛の能力を落とすことは許されない」と話す。

 その上で、同総監部は今後、ゲリラなどの小部隊の攻撃に対する備えだけでなく、本格的な侵略事態にも備える重戦力の維持が重要だと強調している。

【2008/10/27 20:19】 | 時事
トラックバック(0) |

No title
duca-me
あと、この訓練がなぜ必要かを書いといてくれるといいんですがね(爆)>某国の軍備増強を鑑みてとか・・・

No title
おっさん
そりゃーチト無理じゃのぉー。
マスコミがそう行くとハタシテどう世論が動くのかも見てみたいですねぇ。

No title
よね
演習の意味。
ロシアによる道東上陸作戦への備え。

北海道は、左翼が多い土地ですが、自衛隊への抵抗感は
低いですね。
一番、大きいのは、「雪祭り」の際、札幌の第11旅団が
長年手伝ってくれたこと。
イラク派兵前は、雪祭りの「第二会場」は、札幌・真駒内の
自衛隊の基地でした(笑)。

カーキ色の制服みても、道産子は敵視してません。

昔、航空自衛隊の士官が、入院し、僕が主治医になりました。
札幌中心部の病院でしたが、
お見舞いの人の中に、ビシッと、制服(階級章付き)の方が
何人かいらっしゃいましたが、「敵意」の視線は、
誰もあてていません。
(むしろ、かっこいいわあ、でしたね。)

No title
おっさん
良いお話ですねぇ。
私は、御巣鷹山で日航ジャンボ機の救助活動をやった人と職場が一緒だったことがありましたし、最近の2つの地震と水害の救助活動でずいぶんとお世話になりました。
私も制服姿は「かっこいい」と思いますがねー。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
あと、この訓練がなぜ必要かを書いといてくれるといいんですがね(爆)>某国の軍備増強を鑑みてとか・・・
2008/10/28(Tue) 12:55 | URL  | duca-me #-[ 編集]
No title
そりゃーチト無理じゃのぉー。
マスコミがそう行くとハタシテどう世論が動くのかも見てみたいですねぇ。
2008/10/28(Tue) 16:43 | URL  | おっさん #-[ 編集]
No title
演習の意味。
ロシアによる道東上陸作戦への備え。

北海道は、左翼が多い土地ですが、自衛隊への抵抗感は
低いですね。
一番、大きいのは、「雪祭り」の際、札幌の第11旅団が
長年手伝ってくれたこと。
イラク派兵前は、雪祭りの「第二会場」は、札幌・真駒内の
自衛隊の基地でした(笑)。

カーキ色の制服みても、道産子は敵視してません。

昔、航空自衛隊の士官が、入院し、僕が主治医になりました。
札幌中心部の病院でしたが、
お見舞いの人の中に、ビシッと、制服(階級章付き)の方が
何人かいらっしゃいましたが、「敵意」の視線は、
誰もあてていません。
(むしろ、かっこいいわあ、でしたね。)
2008/10/28(Tue) 22:25 | URL  | よね #-[ 編集]
No title
良いお話ですねぇ。
私は、御巣鷹山で日航ジャンボ機の救助活動をやった人と職場が一緒だったことがありましたし、最近の2つの地震と水害の救助活動でずいぶんとお世話になりました。
私も制服姿は「かっこいい」と思いますがねー。
2008/10/29(Wed) 07:50 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック