自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 何回かこの記事の見出しの事について書いたが、この見出しの事が日々の生活とどう結びつくのか?という所が一つのネックになっているし、自分自身もそうだった。

 先ず、日銀が紙幣を発行するためには、債券が必要だってぇ事なんだな。
 これはどうやら動かせない決定事項らしい。

 市井の銀行から集めた債権を元にして、(裏付けにして)札びらを刷るという訳だ。
 その量が多ければ多いほど世の中は景気が良くなるし、逆なら経済の停滞という事になり、限られたパイの取り合いを招いてしまう訳だ。
 要は、住宅ローンを組んで家を建てれば、世の中の業者が潤うし銀行も儲かる。
 今の資本社会の正しい流れがこれなんだな。
 その住宅ローンの債務が不履行になっちまって、不良債権化し、その連鎖が起きたのがリーマンショックだったという事だ。
 あまりにも大きな不良債権だったため、世界の経済が大きく収縮してしまったんだな。

 言わずもがなだが、ローンの返済は、デフレ下ではどんどん苦しくなり、インフレ下ではどんどん楽になる。
 国家が、日銀が、緩やかなインフレを目指す所以だ。

 日本の場合、債務が大きく発生したのは、戦後、全国の企業が一斉に設備投資を行った事、一般労働者の収入が上がった事により、住宅や、自家用車などの大型消費が行われた事、更に、国家規模で日本中の社会資本の整備が行われた事が挙げられる、公共投資だな。
 この事等によって、日本は大なり小なり経済の成長が行われて来た訳だ。
 他にあるとすれば、他国の債務の発生により、日本の輸出が増え、更に設備投資が行われ、民間の所得が伸びる・・という事か。
 そして、バブル崩壊で膨らんだ経済が一気に収縮し、日銀は羹に懲りてなますを吹く状態を永遠と続ける事になった。

 現代の資本主義社会は、債務を発生させるための「需要」で成り立っているという事になる。
 他国の需要が見込まれない以上、又、国内の企業や、民間に大きな需要が無い限り、国家が新たな需要を見出す政策を打ち出すか、債券をどんどん発行するしか、今のデフレから脱却する術は無いのだよ。

 以上、田村氏の記事を、私流に解釈してみました。

 借金が増えないと景気は回復しない
 http://blogs.yahoo.co.jp/sktam_1124/40900122.html



【2015/05/04 11:54】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック