自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 中国は混沌としていましたね。
 日本はおろか、韓国や台湾にも大きく後れを取っていました。
 何がきっかけって、日中国交回復で日本のあらゆる製造技術をパクりまくったんですな。
 そして、なんだか胡散臭い「世界の工場」なんて事になっちまった。
 その裏には、莫大な労働人口による低コストがあった訳ですが、日本の戦後ほどとは言いませんが、徐々に人民の所得も上がり、住宅投資が多少増えつつある中、先行投資があまりにも先走ったため、住宅バブルが膨らみ、その上げ潮基調が、世界からの投資をいっそう膨らませたんですな。

 そうやって膨らんだGDPを元手に、軍事力もガンガン増やし、やがて野望は南シナ海から太平洋へ・・・。

 となったら、アメリカも黙ってはいられません。
 以前のアメリカだったらとっくにドンパチになっていたでしょう。
 オバマ政権は、世界の警察やーめたと言ってしまいましたもんね。
 それで出遅れただけです。

 EUは、自分達で手一杯、対中圧力も米国一国でやる訳には行かない。
 そこで日本にオイ手伝えとばかりの、今の国会の議論なんですな。
 ま、当然です。

 そして、女の浅はかさが完全に露呈してしまっている韓国が、米国から大叱責を受けているという事です。

 【世界を斬る】中国の暴挙に断固たる軍事対抗措置に出た米国 南シナ海
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150527/dms1505270830005-n1.htm

 【スクープ最前線】南シナ海で暴挙続けば米中開戦の恐れ 死に物狂いで“安倍潰し”に走る中国  
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150527/frn1505270830001-n1.htm




【2015/05/27 13:09】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック