FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 まだデフレからの脱却ってできてないですよね。
 物の値段よりも通貨の価値が上がっている状態は、持続可能な社会ではありません。
 ちょっと考えればその辺の理屈は中学生でもわかりますよね。

 一刻も早くその状態から脱却するのは、間違いなく政府日銀の役目の筈なんですよね。

 企業や、各世帯の負債が膨らまない以上、なかなか経済は拡大いたしません。
 日銀がどれほど札びらを刷っても、誰かが負債を負わない以上通貨となって流通しないからです。

 であれば、政府が負債を負って、経済全体の底上げをしない限り、デフレからの脱却はできないという事なんですな。
 経済さえ拡大すれば、間違いなく税収は増えます。
 ましてや、緊縮財政なんてのはもってのほかなんです。
 
 今年あたりからプライマリーバランス等と言うまやかしを言って、財務省は賢明なはずの政治家をだまくらかしていますな。

 あの稲田朋美ですらそうなのか、と少しがっかりしている今日この頃です。

 【日本の解き方】財政論争の裏には財務相争い 稲田氏は「経済第一主義」に変われるか
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150624/dms1506240830007-n2.htm

 

 



【2015/06/24 11:41】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック