自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 くっそみたいに面白い・・・とまあ思わずお下品な表現になってしまいました。

 

 為替に対しての介入と違って、株に対して安定策を取るって・・・?
 正直、あんまり詳しくないんですが、紙くずになろうとしている株に、中国政府筋が無理やり価値を付けて株価を上げ、追随してそれを買った他国の投機家が、高値になると利益確保で一気に売りさばく・・・今ここ。
 ってやつですよね。

 官制相場って、かなり読みやすそうですもんね、海外投資家の思う壺だったりして。
 中国の資金はこうやって肥え太らせてガバッと、どこかに持って行かれちゃうんですな。

 これって、完全に経済戦争です。
 武力戦争なんかよりもはるかに失うものが多そうですよね。
 株式市場に慣れていない中国は、さぞかし痛い目にあっているんでしょう。
 ま、元を刷りまくって対応しているなんて話もありますが、中国元の裏付けは外貨準備によるものと聞きます。
 もしでたらめに増刷しているとすれば、一気に信用を失うんでしょうな。

 …て、ことは、元が安くなる?
 ま、今は固定相場でしょうから、たいした事はないんでしょうが、変動相場に移行したときに元安になるとすると、また世界の工場復活ですか?
 それも嫌だな。
 ま、その前に大きな政変とかもありそうですよね。
 
 詳しい方、ご教授をお願いいたします。



【2015/07/28 09:09】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック