自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 中国は今、大きな失策が続いていますな。
 自国の経済のためってぇのがあからさまになってしまったAIIBですが、各国から引かれまくってしまい、急ブレーキが掛かっています。
 これを何とか立て直し・・・って、相当難しいんじゃないでしょうか?
 日米の不参加が、ここに来てものすごく効いているという事になります。
 大正解でしたね。

 そして、上海市場大暴落。

  暴落上海株への露骨介入にIMFが引導 習政権の野望「人民元の国際化」遠のく
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150729/frn1507291900006-n1.htm

 しばらく市場介入でしのいでいたようですが、やればやるほど虎の子の外貨が目減りして行きますから、こんな事をいつまでも続ける事はできません。
 火が消えたような中国市場に残されたのは、巨額な不良債権という事になります。
 さて、その後どうなるのか?
 お手並み拝見はいいのですが、各国もやばい火の粉が掛からないようにするのが当然ですよね。
 必然的に距離をとるという事になります。

 米国の出方です。

 米国内 中国は国際秩序と米国を脅かす脅威という認識で一致
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150729/frn1507291540005-n1.htm

 当然日本側も、その辺の微妙なやり取りを見ての話か、どうか?
 今までさんざん慮ってきた、中国を名指しでの脅威論ですが、憲法前文にある様に、周辺国の性善説にのっとっていた封印を解きましたね。

 安倍首相、中国「名指し」にシフト 国民理解へ身近な“脅威”指摘
 http://www.sankei.com/politics/news/150729/plt1507290039-n1.html

 もちろん、一部を除いた国民も解ってはいるのですが、日本人は、建前を大事にする国民性です。
 政府が、「いやいや~中国も大事だからねぇ」と言っていれば、国民も「ふむふむ~」とうなづいています。
 その建前では、仮想敵国を設けた集団的自衛権にはなかなか納得はできないのでしょう。

 「何よりも中国が怖いのよね」って言ってしまった方が、国民も納得するのが当然です。

 それが怖いから、野党は、藪蛇にならないよう入り口論に終始していたんですな。

 「ちゃんと言える総理」・・国民はそれを待っていました。
 その結果がこれなんですよね。

 http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/17822/result

 これがすべてではありませんが、一つの動きであることは間違いないです。

 

【2015/07/30 10:50】 | 外交
トラックバック(0) |


トンボ島
安保法案の中ボスで苦労していたら、改憲というラスボスは倒せない!ってなことを思ってます。

かつての自民党は結党の精神も忘れて、私腹を肥やすのに汲々としていたが、いまは違うと思います。

安倍さん、頑張って!応援してるよ。

とうとう中国を名指しですか・・・

「中ボスは中国ボスで習近平」 なんか5・7・5になりました。

すでに投票してましたよ。もちろん上の帯グラフの方で。



ヤマ親爺
ここは上手に、まじめに世論の引き上げを考えて行くしかないですな。強気一辺倒ではだめだと思います。60日ルールは無いものとしてやっている今の政府のやり方は正しいと思いますね。あとは、単なる感情論でしかないですから、じわじわとやるしかないと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
安保法案の中ボスで苦労していたら、改憲というラスボスは倒せない!ってなことを思ってます。

かつての自民党は結党の精神も忘れて、私腹を肥やすのに汲々としていたが、いまは違うと思います。

安倍さん、頑張って!応援してるよ。

とうとう中国を名指しですか・・・

「中ボスは中国ボスで習近平」 なんか5・7・5になりました。

すでに投票してましたよ。もちろん上の帯グラフの方で。
2015/07/31(Fri) 06:05 | URL  | トンボ島 #-[ 編集]
ここは上手に、まじめに世論の引き上げを考えて行くしかないですな。強気一辺倒ではだめだと思います。60日ルールは無いものとしてやっている今の政府のやり方は正しいと思いますね。あとは、単なる感情論でしかないですから、じわじわとやるしかないと思います。
2015/07/31(Fri) 12:24 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック