自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 経産省と違って、文科省は、なかなか大型のプロジェクトって少ないと言われますな。
 とりゃそうでしょう、国土開発的なインフラやダムなんかとは明らかに違いますよね。

 降って湧いたような超巨大プロジェクトですからね、関係諸機関は色めき立って当然です。

 建築は時間がかかります。予算執行も当然年単位ですからね。うまい汁を吸えるのもお預けが続きます。

 手っ取り早いのは、印刷物なんかだったりするのよね。
 曰く「啓発物」ね。

 「東京五輪を成功させよう!」なーんて、ポスターを何万枚とかね。

 んで、エンブレムと称する、何某かの媒体を作って、それをプレミアムグッズとかなんちゃらで、なんじゅうまんこ作って、5年間売りさばき~~・・・・なんていう絵図を、いや捕らぬ狸の皮算用をしていた連中は、間違いなくいたな!

 という事で、こういう記事です。 これからの動きが見ものです。

 官製談合の疑いか??
 http://www.news-us.jp/article/424918313.html

 ありそうだよな。
 鼻っから出来レースみたいだもんな。
 経験不足の文科省が、目先の欲に目がくらんでへたうったか???




【2015/08/28 21:05】 | 事件
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック