自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 昔は好きだったが、キャラがパチンコになってしまってから、微妙に軌道がずれ始め、今ではかなり外れてしまった小林よしのりと、これまた鼻っからずれまくりのSEALDs奥田の対談なんて、見たくもないんだけど、思考停止のサヨクと違って、相手の事もちゃんと知っておかないとね。・・・という理由で最後まで我慢して読みました。

 小林よりのりとSEALDs奥田の対談
 http://www.poco2.jp/special/talk/2015/09/kobayashi-sealds/

 想像とは違って、まあしっかりした対談だとは思うけど、所詮入り口論なのね。
 憲法違反とか、強行採決とか、真の民主主義とか、小林氏の本の話とか、若者の生き様とか、個々には良い話なのかもしれないけど、あの法案がなぜ必要なのか?いや不必要なのか?が語られていないのね。

 今回の抗日70周年行事観てもても解らないのかね?

 私なんか怖くて怖くてしょうがないよね。
 あの経済成長して、環境破壊しまくって、世界経済引っ掻き回して、それでも飽き足らずにチベットウイグル、南シナ海、東シナ海へと膨張したがる巨大中国だもんな。
 崩壊したらしたで、どれぐらいの難民が発生するんでしょうかね。

 先ずは明確な危機意識を持つことが大事で、そのための法整備は必ず必要。

 って、たった一行で終わる話なんだけど、それらしい話は全くなかったようね。
 だめだこりゃ。・・・って言っちゃうな。

 28a0be8cb532c3ba4c02a4fbfd4ebf9c.png

 安保が気に入らなきゃ、間違いなく自主防衛を選択しなきゃならないよな、それもダメって言うんだったらまったくお話にならない。サヨクがお話にならないのはそこの部分で、これもまた一行で終わる話だ。
 





【2015/09/04 12:26】 | 大切な日本
トラックバック(0) |


よね
奥田氏が次期参議院選挙を目標に考えて
いたことは好感を持てます。
しかし、「緊急行動」で国政をどうにかしようという
発想が歴史に無知ですね。
2.26事件を首謀した若手将校と
選挙という民主主義の手段を否定しているという点で
発想が同じなのに。
当時と手段が違うだけで、発想が同じということに
気づいているのかしらん。


よね
2.26事件と、自由選挙の関係を調べました。

昭和11年
昭和11年(1936年)

1月21日 岡田首相は「軍事費削減」を公約に衆議院を解散します。
2月20日 総選挙
     岡田首相の民政党が勝ちました。
2月26日 2.26事件

2.26事件を引き起こした軍部の若手将校が何を考え、
事件をおこしたのか、正確なことはわかりません。

日付が近すぎ、無関係とは言えないでしょう。

少なくとも、2.26事件直前まで、日本の民主主義は機能していました。


ヤマ親爺
よねさん、止むに止まれぬ行動と、居ても立っても居られない末の行動って感じですな。
2.26の若手将校の中には、飢饉があった東北出身者が多かったと聞きます。当時の地域別所得格差は現代の比ではありません。過酷な農作業に従事する親兄弟の姿が脳裏に浮かんでいたことは容易に想像できます。方や、簡単にメディアに乗せられる現代、上辺だけのの平和主義に乗せられて、地に足が付かなくなった若者達とは比べようが無い様な気がします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
奥田氏が次期参議院選挙を目標に考えて
いたことは好感を持てます。
しかし、「緊急行動」で国政をどうにかしようという
発想が歴史に無知ですね。
2.26事件を首謀した若手将校と
選挙という民主主義の手段を否定しているという点で
発想が同じなのに。
当時と手段が違うだけで、発想が同じということに
気づいているのかしらん。
2015/09/04(Fri) 19:42 | URL  | よね #-[ 編集]
2.26事件と、自由選挙の関係を調べました。

昭和11年
昭和11年(1936年)

1月21日 岡田首相は「軍事費削減」を公約に衆議院を解散します。
2月20日 総選挙
     岡田首相の民政党が勝ちました。
2月26日 2.26事件

2.26事件を引き起こした軍部の若手将校が何を考え、
事件をおこしたのか、正確なことはわかりません。

日付が近すぎ、無関係とは言えないでしょう。

少なくとも、2.26事件直前まで、日本の民主主義は機能していました。
2015/09/04(Fri) 20:18 | URL  | よね #-[ 編集]
よねさん、止むに止まれぬ行動と、居ても立っても居られない末の行動って感じですな。
2.26の若手将校の中には、飢饉があった東北出身者が多かったと聞きます。当時の地域別所得格差は現代の比ではありません。過酷な農作業に従事する親兄弟の姿が脳裏に浮かんでいたことは容易に想像できます。方や、簡単にメディアに乗せられる現代、上辺だけのの平和主義に乗せられて、地に足が付かなくなった若者達とは比べようが無い様な気がします。
2015/09/05(Sat) 09:15 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック