自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 徹底的にやって欲しかったもんだが、お互いにドタバタした事をあげつらう愚に気が付いて、「手打ち」か、つまらないな。
 
 自民・民主、双方の謝罪で“手打ち” 安保法案採決“セクハラ暴行疑惑”
 http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150925/plt1509251537002-n1.htm

 議論の本質から著しく逸脱してしまい、政治に嫌気がさすような出来事だったしなー。
 ま、やむを得ないか。

 今朝は早くから朝生観てしまって、終わったはずの安保法案の蒸し返しで、反対派のウダウダと頓珍漢な話を聞いてちょっと気分が悪い。


【悲報】シールズ奥田くん朝まで生討論で、専門用語が飛び交う議論の中に入っていけない
 http://alfalfalfa.com/articles/132384.html

 基本的に、戦後、日本が平和でいられたのは日米安保のおかげで、ここへ来て、日本国民が好むと好まざるとに関わらず、世界のパワーバランスの一翼を日本も担わなければならなくなって来たという事実を、しっかりと認識しつつ、法整備を進めている。

 というたった数行の内容を、肯定するか否定するかの問題なんだなという事がはっきりした。

 よく言う、「なぜ急ぐ」は、急がなければならないからであって、「憲法解釈でやるのは間違い」は、改憲している猶予がないからなんだが、その理由は、違憲を認める事になる、だから言えないという所なんだな。
 そんなことを言い出したら、自衛隊だって、九条第二項に反しているとなり、議論は泥沼に入る。
 「米国追随はいやだ」と言うのもよく聞くが、「だったら自主防衛か?」と聞き返すと、何も答えは返って来ない。
 今の自衛隊で、専守防衛で十分か、果たしてどうなのかの議論が無いのは、安保があるから議論すべきではないという暗黙の了解なんだろうな。
 しかし、戦争行為では、報復は国際法上認められているようだが、日本の場合どうなんだろう?
 その辺の議論も聞いてみたいもんだが、まだまだ入り口論ばっかりで、そこまで突っ込めないセンセイ方が多すぎる。




【2015/09/26 10:06】 | 反民主
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック