自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 米国追随と言わないまでも、反中共闘路線なら当然それに近くなる。
 いや、等間隔で米中と対峙するという考え方もあるが、共産党一党独裁の中国と米国に同じ距離を取るという訳には行くまい。
 そうではなくて、日本は日本で、どちらにも偏らない独自の外交政策を取るのだとすれば、防衛だって自主防衛となる。
 自主防衛をやるためには、5兆円ではまるで足りない。
 
 今回の習近平訪米の空気を見ても、明らかに米中はぎくしゃくしている。
 当然だよな、あれだけの軍事パレードを見せつけられればな。
 喜んでいるのは、史上最悪の国連事務総長と言われる藩基文位なもんか。

 世界は、常に、「経済」で争っている。
 それがこじれれば、武力衝突となる。
 逆に武力を背景に、経済的に有利に立とうとする思惑も当然ある。

 また、局部的には武力衝突をしていても、経済的にはしっかりと結びついていたりする。

 非常に複雑に成り立っているのが世界情勢であって、私なんかにはあずかり知らない事も多々あるんだろうな。

 しかし、間違いなく言えるのは、日米関係の悪化は、今後の世界の為にも絶対ためにならないはずだ。
 そこを読み切れていないのが民主党であり、サヨクの連中だ。

 そして、判っていても反米であるとすれば、それは中国のスパイと言われても仕方がない。

 従って、沖縄で騒ぐサヨクは中国のスパイと言われても仕方がないという事になる。

 問題があるとすれば、どこまで米国の言う事を聞かなければならないかだよな。
 TPPがその最たる問題なんだが、自民党はそちらに大きく舵を切っている。
 保守側でありながら、反自民が一番憂うのはそこと、外国人の取扱いの部分だな。

 簡単な頭では解決できない問題だ。
 さすがの稲田朋美氏も、苦しい弁明だな。(支持は変わりませんがね)
 

 中国が民主党など日本国内の安保反対勢力に期待するのはなぜか
 http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150928/plt1509281026001-n1.htm

 ヒラリー氏「習主席は恥知らず」 ツイッターで一刀両断
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150928/frn1509281134003-n1.htm

 北の崩壊か脅威か?が何よりも心配で、中国にすり寄らざるを得ないパククネ

 「訪中は大成功」と有頂天の朴槿恵大統領 キムチも中国色に染まる対中依存に危うさを感じないのか?
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150928/frn1509280841002-n1.htm




【2015/09/28 14:34】 | 反民主
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック