自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 この両記事は非常に興味深いです。
 
 私はTPPに関しては、安全保障も加味して、やむを得ず認めるしかないという考え方なのですが、この田村氏の記事を読むと、やはり米国のキャッシュディスペンサーなのか!と米国との行く末に大きな不安を感じざるを得ません。(かと言って、世界中みんなそんななんですがね)

 「TPPで日本再生」とは笑わせる 対米追随でやせ細った日本
 http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20151009/ecn1510091140005-n2.htm

 とは言いながら、この高橋氏の記事は、TPPの大筋合意に対して「幽霊の正体見たり枯れ尾花」とばかり、いつものように笑い飛ばしているような内容です。

 杞憂だったTPP反対派の懸念 日本は漁夫の利 不参加の中韓は割を食う結果
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151009/dms1510090830007-n2.htm

 私は、両方「有り」だと思います。

 世界一の債権国家が、もう何回も倒産している米国に金を貸している訳ですが、日本は特有の内需エンジンで稼ぎ続け、いつまでも米国に金を貸し続ける事になるような気がします。
 その半面、しっかりと豊かな心を持つ国民性なんだけど、いじめると手痛いしっぺ返しを食らう国でい続けたいものです。

 

【2015/10/09 13:12】 | 経済
トラックバック(0) |


kazz
価格の安い物と高い物が有った場合、品質が同程度だったら安い物を買うと思うが・・・
品質や付加価値に差が有った場合はどうするの?
TPP反対派の論理も理解できますが、どうにも品質や付加価値というものを理解できていない種族が多いようで・・・
TPP反対派の論理からすると、スーパーができた時に百貨店が全て倒産しているんじゃないの?
商売って値段だけじゃないって、信頼や安全や付加価値や愛国心ってのも大きな要素だと思いますよ


ヤマ親爺
世界標準と正面から対峙すべき時ですな。
「言うべき時は言う」という国になりつつあるような気がしますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
価格の安い物と高い物が有った場合、品質が同程度だったら安い物を買うと思うが・・・
品質や付加価値に差が有った場合はどうするの?
TPP反対派の論理も理解できますが、どうにも品質や付加価値というものを理解できていない種族が多いようで・・・
TPP反対派の論理からすると、スーパーができた時に百貨店が全て倒産しているんじゃないの?
商売って値段だけじゃないって、信頼や安全や付加価値や愛国心ってのも大きな要素だと思いますよ
2015/10/09(Fri) 21:07 | URL  | kazz #DBsNzvOg[ 編集]
世界標準と正面から対峙すべき時ですな。
「言うべき時は言う」という国になりつつあるような気がしますね。
2015/10/10(Sat) 11:15 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック