自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 て言うか、腹が立ちますな。
 明治天皇の玄孫でいらっしゃる、竹田恒泰氏も言うとりましたが、狂信的な反原発派のまったく常軌を逸する言動とその存在は、静かに原発廃止を望む良識ある人たちから見ると、実に邪魔なものです。

 私も、柏崎刈羽の避難範囲に入っておりますし、土着民ですから、事があれば土地を離れなければならず、それは「死ね」と言うのに等しいほどつらい事なんで、現状の原発には早いとこフェードアウトしてもらいたいと望んでおります。
 それには、廃炉技術の向上が見込まれ、世界に売り出すこともできるでしょうし、なによりメタハイ等の代替エネルギーに夢を託してみたいものです。
 
 とは言いながらも、こんな非常識な反原発派は全く認めるわけにはいきません。

 「殺人行為」「狂気の沙汰」-地元中高生らの清掃活動に誹謗中傷メール1千件 反原発派の非常識にため息…
 http://www.sankei.com/premium/news/151123/prm1511230004-n1.html

 しかし、青山氏も疲れてしまったのか、最近原子力に代わる代替エネルギーの話が、さっぱり聞こえなくなりました。
 何かの思惑が働いているのでしょうか?
 やっぱり外圧なんでしょうかねぇ。
 つまらねぇ世の中になって欲しくないもんです。



【2015/11/23 11:55】 | 大切な日本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック